かわち @kamo_tomi_miyae

 

アメノワカヒコ

古事記:天若日子

日本書紀:天稚彦

出雲風土記:なし

 

アメノワカヒコの特徴

裏切りと野望、騙されて絶命、アジスキタカヒコとそっくり

 

アメノワカヒコの装備品

天之波波矢あめのははや天之麻迦古弓あめのまかこゆみ

天之加久矢あめのかくや天之波士弓あめのはじゆみ

※古事記の中には上記2つの別称が存在するがどちらもタカミムスビから賜った弓矢とある

※日本書紀では鹿狩りに使う弓として天鹿児弓と表記されている

 

アメノワカヒコの御神徳・御利益

面接合格・大抜擢、婚姻成就

 

アメノワカヒコの系譜

父:天津国玉神あまつくにたまのかみ

母:不明

妻:下照姫したてるひめ

子:不明

※そっくりだったアジスキタカヒコはシタテルヒメの兄

 

アメノワカヒコにまつわる神話

第二の国譲り交渉人

アマテラスの使者としてオオクニヌシのもとに遣わされた。最初に送り込まれたアメノホヒが三年経っても報告をしなかったため、第二の使者として任命されたのがアメノワカヒコ。

このことから大事な使命を任せられるご神徳があると伺い知れます。

しかしアメノワカヒコもオオクニヌシの娘、シタテルヒメと結婚して出雲に根を張ってしまい、八年も報告をせず、次第に出雲国の統治権を狙うようになっていった。

このことから大事な使命を忘れる裏切りと野望と隣り合わせである事を教訓とできます。

 

高天原を裏切って絶命

八年も報告がない事を不安に思ったタカミムスビは鳴女なきめというきじを遣わします。アメノワカヒコの住む宮殿に着いた雉は桂の木にとまり伝令を読み上げました。
これを聞いたアメノワカヒコの側近、天佐具売は「この雉は不吉だから射殺した方が良い」とアメノワカヒコに伝えた。

アメノワカヒコは雉を射殺したが、その時放った矢は高天原のタカミムスビのところまで飛んでいき、謀反の意として伝わってしまった。タカミムスビはその矢を投げ返し、アメノワカヒコは逆に射殺されてしまった。

野心があるためにそそのかされ、大事なものを失う結果となったのです。

大事な使命を任されたら、常に足元をすくわれる事態に備えましょう。

 

アメノワカヒコの葬儀とアジスキタカヒコ

夫の死を知った妻シタテルヒメの泣き声は高天原まで届いた。その声を聞いたアメノワカヒコの父、アマツクニタマは疾風はやちを使ってアメノワカヒコの遺体を高天原に運んだ。

高天原では喪屋が建てられ、八日八夜の間もがりが行われた。義理の兄であるアジスキタカヒコも高天原に上がっていき、葬儀に顔を出した。ところがアマツクニタマとその妻子は、息子にそっくりな顔をしたアジスキタカヒコにすがりついた。

「穢らわしい死者と間違えるとは何事か!」と激怒したアジスキタカヒコは、剣を抜いて喪屋を打ちこわし、蹴り飛ばした。飛ばされた喪屋は美濃国に落ち、藍見の喪山となった。

このように騙されて死を迎えた先には葬儀までぶち壊されてしまう、悲惨な最期を迎えました。

 

アメノワカヒコ関連スポット

現在準備中