出雲大社の歩き方

縁結びで有名な出雲大社や出雲の魅力について語ります

【出雲のお土産】どじょうすくい饅頭は土産話にも最適!

出雲地方には古くから「どじょうすくい踊り」があります。

 

安来節(やすぎぶし)」のお囃子に乗せて、リズミカルに踊られるどじょうすくい。

 

全国的には「飲兵衛の代名詞」としてイメージされるのではないでしょうか?

 

実はこのどじょうすくいには深~い意味が隠されているのですが、、

 

お土産の紹介と共にお土産話も紹介しますね。

 

どじょうすくい饅頭

f:id:kunato38:20181124115451p:plain

画像引用:公式サイトより

 

どじょうすくい踊りにつかわれる「てぬぐい」が巻かれ、

ひょうきんな「ひょっとこ顔」が可愛らしい饅頭です。

 

中には白あんがぎっしり。

 

商品はこちらから購入できます 

 

 

長年この味1種類で硬派にやってきたこの饅頭。

 

ついに「いちごジャム餡」「チョコ餡」「20世紀梨ジャム餡」「抹茶餡」の4種類が発売されました。

 

この商品は楽天などには出ていないようなので、メーカーさんのショッピングサイトで直接お買い求めください。

山陰のおみやげ本舗 なかうら / 【インターネット限定】どじょう掬いまんじゅう 5種パック

 

どじょう掬いまんじゅうは出雲大社のお土産屋さんや駅・空港など、出雲市内どこでも目にするぐらいメジャーなお菓子です。

 

観光にお越しの際はぜひお手に取ってみてくださいね。

 

【土産話】どじょうすくいのこと

どじょうすくい踊りは出雲地方でも東側の「安来」という地域が発祥。

 

この安来は素戔嗚尊が「この場所に来たら安らかな気持ちになった」と仰ったことがその名の由来です。

 

安来という地域は古事記によると、素戔嗚尊高天原(天界)から降り立った場所「鳥髪山」の北部に位置しています。

 

素戔嗚尊の代表的な話には、八岐大蛇と三種の神器の1つ「天の村雲」が有名ですよね。

 

オロチを退治したら名刀が出てきた。

このお話しは製鉄の技術を獲得したという事の暗示でもあります。

 

 

また、どじょうすくいの特徴といえば、ユーモラスな装いとしぐさですよね。

f:id:kunato38:20181124121921p:plain

画像引用:公式サイトより

 

手に持っているカゴのようなものは「簸(ひ)」と呼ばれ、川の砂を救い上げ、簸を揺すると、砂鉄だけがより分けられて残るのだそうです。

 

つまり、どじょうすくい踊りとはこの、砂鉄を取り出す作業を表しているのです。

 

安来は現代でも鉄鋼業が盛んです。

日立金属などの工場もあります。

 

どじょうすくい踊りの裏で流れる「安来節」も、元々は安来港から出港する船に「鉄製品」を積み込む際、佐渡おけさをルーツとする歌を掛け声としてうたったと伝わります。

 

その掛け声とは「あらえっさっさ~」という勢いの良いものでした。

 

出雲にお越しの際は、ぜひどじょうすくい饅頭を買って、お土産話とともに家族だんらんをお過ごしくださいね。