1. HOME
  2. ブログ
  3. 【恵方巻き】2019年の縁起の良い方角は?節分は本来何の日?

【恵方巻き】2019年の縁起の良い方角は?節分は本来何の日?

風水や陰陽道に基づく縁起の読み方に「方位」というものがあります。

毎年「恵方巻(えほうまき)」というものを、特定の方位に向かって無言で食べるという事をしますよね?

これは毎年「縁起のいい方角」というものが決まるからです。

縁起の良い方角を【恵方(えほう)】と呼びます。恵方を向いて食べる巻き寿司だから恵方巻き。

そして縁起のいい方角は毎年変わります。

2019年の恵方は?

東北東です!

風水的な理由によって、毎年方角が決定されます。

2019年は東北東が吉という事です。

出雲から東北東といえば美保神社!?

あるいは福井県、石川県、富山県辺りでしょうか!?

船で移動した時代は縁が深かったのですが、陸路か空路が主流となった現代では訪問しにくい土地になりましたねぇ。。

方言も似ていて、親近感があるのに。。

2019年縁起の悪い方角は!?

一方「縁起の悪い方角」というものも存在するのです。

そして縁起の悪い方角は3年ごとに変わるのです!

これを三年塞がりと呼びます。

2018年の縁起の悪い方角は南でした。

2019年の縁起の悪い方角は西です!

この2019年に変わる日というのは旧暦に由来し、立春の日、つまり2019年2月4日なのです。

縁起の悪い方角は2022年2月4日まで続きます。

補足ですが、三年塞がりの期間中でも下記日程だけは縁起の悪い方角が西以外に移動すると言われています。

3月28日(木)~4月1日(月)
4月21日(日)~4月25日(木)
6月8日(土)~6月12日(水)
8月7日(水)
10月21日(月)~10月22日(火)
11月11日(月)~11月15日(金)

風水って意味が分からないですけど、統計に基づいた古の科学ですので甘く見れないところです。

2019年出雲大社にお越しになる際も、出雲よりも東からお越しになる方は縁起のいい日を選んでいただくと良いかもしれません。

【初詣2019】平成最後の初詣はぜひ出雲大社で!特に関西・関東の方はお早めに!

 

 

節分とは大晦日!?

現代の新暦が使われるまで、日本は旧暦(太陰暦)でした。つまり、月の周期で暦を読んでいたのです。

その旧暦によると2019年の正月は25

立春にあたります。

この日はちゃんと新月

旧暦は新月を一日(ついたち)として、十五日後が満月(じゅうごや)、さらに十五日後が三十日(みそか)となり一か月と計算します。

立春の前日は冬の終わりで大晦日となるのです。

節分の日の豆まきと鬼払いは本来、宮中での大晦日祭事だったのです。

暦が変わった事で、大晦日の日が1ヶ月あまり前倒しになりましたが、宮中祭祀は通常通り行われる為に節分は2月に残ったという事でしょう。

日本人にとって本来の正月は節分の時期に訪れるのですね。

 

 

恵方巻きの起源

元々は節分だから巻き寿司を食べるとか、無言で食べるとかいう風習はありません。

もちろん宮中で天皇陛下が巻き寿司を無言でお食べになる事が起源という事でもありません。

f:id:kunato38:20190119061123j:plain

関西で商売繁盛を願って、願掛けの意味で巻き寿司を丸かじりする風習があったとか。もちろん諸説あるようですが。。

この風習を商売に持ち出したのは小僧寿しとセブンイレブンなんだとか。

キャンペーンで「恵方巻」の名で打ち出し、全国に広まったのです。お寿司を食べる事は日本人ぽいですし、家族でイベントとして恵方巻きを楽しみにするのは素晴らしい事だと思います。

しかし、現代では縁起はそっちのけで注文が無くても大量に作って在庫して、最後には大量処分している事が社会問題となっています。

いま一度「恵方」の本来の意味を理解しつつ、食べ物への感謝を忘れずに旧暦の新年をお迎えしたいですね!

最後まで読んでくださってありがとうございます!

皆様に良いご縁が結ばれますように!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

ライター紹介

ID:kunato38 出雲に住むアラフォー男性です。 出雲神話と神社が大好き。出雲そばと日本酒も愛しています。 【主要参考文献】 古事記、日本書紀、出雲風土記、神社各所の御由緒書 【資格】 神社検定3級 2級はあと3点足りず落ちました。。来年再チャレンジ!

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに!
神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない!
パワースポットとか大好きなのに
ネット検索するしか調べる術がない…
日本文化をもっと詳しく知りたい
と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…

などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります!

でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も!

神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!  

古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!  

日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!  

超高速で理解する古事記

超高速で理解する古事記|note


神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
 
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる