2019年の出雲大社 縁結大祭の受付が開始されました。参加したいとお考えの方は締切日をご確認ください!

 

2019年 縁結大祭の開催日程

  1. 11月11日(月)  am10:00~
  2. 11月13日 (水) am10:00~

 

2019年 縁結大祭の申込締切日は?

締切日:2019年10月30日

 

往復はがきにて申込みください。定員になり次第、受付終了となります。

具体的な申込方法は出雲大社公式サイトでご確認ください

 

縁結大祭 当日のスケジュール

集合場所

am8:00 銅鳥居前にて受付開始。

10時には御本殿の八足門の中に入っていなければなりません。

参加通知として返送されてきたハガキを見せ、受付を済ませます。

 

絵馬に願い事を書く

幸縁むすび祈念絵馬をいただきますので、即座に願いごとを書きます!

このあとすぐに御祈祷となりますので、あらかじめ願いごとを決めておくのが良いでしょう。

 

縁結大祭当日の交通アクセス

今年の開催は平日のため、昨年よりは混雑も少ないと予想します。しかし、1回の御祈祷で2,000人が入る為、余裕をもってお出かけになることをおすすめします。

大祭当日は駐車場も期待できないばかりか、大祭前後1週間は例年通りですと交通規制も敷かれます。車で近寄ることが難しくなる可能性もあるため、出雲大社周辺の宿が取れなかった方は公共交通機関で目指しましょう。

 

電車でのアクセス

出雲市駅からはJR線が通っていませんので、一畑電鉄で目指しましょう。

 

平日ダイヤ

出雲市駅(一畑電鉄) 6:09発 →→→ 出雲大社前駅 6:31着

出雲市駅(一畑電鉄) 6:44発 →→→ 出雲大社前駅 7:07着

出雲市駅(一畑電鉄) 7:17発 →→→ 出雲大社前駅 7:34着

出雲市駅(一畑電鉄) 7:36発 →→→ 出雲大社前駅 7:59着

 

土曜日ダイヤ

出雲市駅(一畑電鉄) 6:17発 →→→ 出雲大社前駅 6:40着

出雲市駅(一畑電鉄) 6:58発 →→→ 出雲大社前駅 7:22着

出雲市駅(一畑電鉄) 7:32発 →→→ 出雲大社前駅 7:54着

出雲大社前駅から勢溜までは徒歩約10分です。

各日程2,000人程度の方が参加されますので、境内は大混雑する事でしょう。

一年に一度のチャンスを逃さないため、次の事にご注意ください。

 

出雲大社周辺駐車場

自動車でお越しになる場合は余裕をもってお出かけください。停める場所がないと、大社の周りをぐるぐると回ったあげく、縁結大祭に間に合わないという事になりかねません。

駐車場がどの位置にあるのかを予めご確認ください。以下のページに詳しくまとめてあります。

出雲大社の周辺駐車場おすすめランキング!

 

縁結大祭での注意点

祓社にお参りするならお早めに!

出雲大社の事をお勉強なさった方ならお分かりかと思います。

簡単に言うと、

「ちゃんと参拝するなら祓社から!」という方が2千人来る訳です。

 

8時代に祓社にお参りしようとするのは危険ですね。祓社は2か所ありますので、勢溜からまっすぐ行きたい気持ちは分かりますが、神楽殿側も利用する「柔軟さ」も大事です。縁結大祭に遅れては意味がありません。

 

祓社の位置を確認しておきましょう

f:id:kunato38:20181008072503j:plain

 

お願い事(決意)を決めておきましょう

受付を済ませたらすぐに絵馬にお願い事を書かねばなりません。

事前に決めておかないと、慌ててしまいます。折角たどり着いたのに、思うように書けなかったというのは残念です。

また、神様には直接お願い事をすべきではありません。あくまでも感謝を届けるという事を念頭に、謙虚に「ご縁を引き寄せるためのお手伝いをお願いする」という気持ちで向かうのが良いです。

 

忘れ物をしないようにご注意を!

縁結大祭に必要なものは以下の3点セットです。

  1. 出雲大社から返送された往復はがき
  2. 御祈祷料5,000円(お釣りのないように)
  3. コートなどの防寒具

御祈祷料は熨斗袋に入れてお渡しになるのが良いでしょう。イベントとはいえ、神社で行われる神事ですので、入場料などとは違います。初穂料(玉串料)だという事をお忘れなく。

また、季節がら長時間の御祈祷を受けるのは体が冷えます。コートやジャンパーなどの防寒着をお忘れなく。ホッカイロなども有効ですね。

 

 

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに! 神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない! パワースポットとか大好きなのに ネット検索するしか調べる術がない… 日本文化をもっと詳しく知りたい と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…   などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります! でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も! 神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!  

古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!  

日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!  

超高速で理解する古事記

超高速で理解する古事記|note
神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
 
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)