1. HOME
  2. ブログ
  3. 波志姫神社|高瀬山を見つめる子守と皮膚病の神

波志姫神社|高瀬山を見つめる子守と皮膚病の神

神庭諏訪神社の境外摂社である波志姫神社。のどかな田園風景が広がる中、ひっそりと鎮座するこのお社にはなんとも悲しいストーリーが残っているのです。それは470年前のこと・・・

 

波志姫神社のご祭神とご由緒

波志姫命はしひめのみこと

 

ハシヒメは戦国時代に名を馳せた高瀬城主 米原平内兵衛尉綱広公のご息女でした。神社のご由緒書きを引用します。

 

波志姫様は気品の高い、人情味厚い美しいお姫様でしたが、重い疱瘡にかかり、見るも気の毒なお顔になられました。成長されるにつれて神仏の信仰心が篤く、また幼児をたいそうかわいがられましたので、子供たちがみな上部に美しく育つようにと、熱心に神仏に祈願しておいでになりました。ところが当時この地にあった深い淵へ、波志姫様は妙齢であるのに投身せられたそうであります。

そこで世の中の人は、たいそう波志姫様のご心情をお慕いし、また尊びましたから、投身されたかたわらへ祠を建立し、お姿を刻み奉安しました。

 

美しさと気品を備えた年頃の女性ならば、顔にニキビができるだけでも落ち込んでしまうのに。まして見るも気の毒な程に疱瘡ができてしまったら・・・最後は身投げをする程に追い込まれてしまったというのは悲しいお話です。しかしハシヒメを慕う人々が500年近くもこの伝承を伝え、大事にお祀りしているというのも、生前のハシヒメがどんなに素晴らしい方だったのか伺えます。

 

波志姫神社は父が治めた高瀬山の方角を真っ直ぐ向いているのでした。

現在ではこの辺りに「深い淵」というのは無く、田んぼの用水路と畦道が見えるばかりですが、姫がここで亡くなったのだと思うと高瀬山が少し物悲しく見えてきます。地元の人々が「せめて御父上のいらっしゃった方角を向かせてあげよう」と思われたのでしょうか。

 

波志姫神社へのアクセス

神庭諏訪神社から徒歩4分。

駐車場などはありませんが通りが少ない為、路上駐車で参拝も可能です。ただし田植え・収穫シーズンは農作業車のお邪魔にならないよう、十分ご配慮ください。

 

まとめ

尼子と毛利の間で大いに戦い抜いた米原綱広公には、大事なご息女を失くしてしまったという悲しいストーリーがありました。子供を大事に思うハシヒメの想いは、現代でも子供の安寧と皮膚病平癒に霊験ありとして、大切にお祀りされています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

ライター紹介

ID:kunato38 出雲に住むアラフォー男性です。 出雲神話と神社が大好き。出雲そばと日本酒も愛しています。 【主要参考文献】 古事記、日本書紀、出雲風土記、神社各所の御由緒書 【資格】 神社検定3級 2級はあと3点足りず落ちました。。来年再チャレンジ!

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに!
神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない!
パワースポットとか大好きなのに
ネット検索するしか調べる術がない…
日本文化をもっと詳しく知りたい
と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…

などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります!

でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も!

神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!  

古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!  

日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!  

超高速で理解する古事記

超高速で理解する古事記|note


神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
 
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる