かわち @kamo_tomi_miyae

 

ハヤアキツヒメ

古事記:速秋津比売神(水戸神)

日本書紀:速秋津日命

出雲風土記:なし

 

ハヤアキツヒメの特徴

生命の根源神、罪穢を海底に飲みこむ

 

ハヤアキツヒメの御神徳・御利益

祓い清め

 

ハヤアキツヒメの系譜

古事記に見えるハヤアキツヒメの系譜

父:伊邪那岐いざなぎ

母:伊耶那美いざなみ

夫:速秋津日子

子:沫那藝神あはなぎのかみ沫那美神あはなみのかみ頬那藝神つらなぎのかみ頬那美神つらなみのかみ天之水分神あめのみくまりのかみ国之水分神くにのみくまりのかみ天之久比奢母智神あめのくひざもちのかみ国之久比奢母智神くにのくひざもちのかみ

孫:櫛八玉神くしやたまのかみ

 

イザナギ・イザナミの神生み神話の中で登場するハヤアキツヒメは、ハヤアキツヒコという男神とペアで誕生。水戸神ペアから誕生した神々はいずれも水に関係する神様でした。

孫のクシヤタマは国譲りの際、タケミカヅチにもてなしの料理を献上した。その子孫は別火氏につながっていく。

 

孫の代に見える系譜の謎

古事記に見える孫の櫛八玉神の系譜

父:天夷鳥命あめのひなとりのみこと天穂日命あめのほひのみことの息子)

母:天𤭖津日女命あめのみかつひめのみこと(水戸神の娘)

子:津狡命(出雲国造の祖)、美志印命(素賀国造の祖)、彦建忍雄心命(津島県造の祖)

 

アメノミカツヒメという名前が突然登場するが、ハヤアキツヒメの御子の中にそのような名前の神はいないという謎。クシヤタマ自身も伊佐我命、出雲建子命、伊勢津彦などの別名を持ち、子孫も様々な国の長となっていくなど、諸国に与える影響は大きい。

 

出雲風土記に見える天𤭖津日女命の謎

夫:赤衾伊努意保須美比古佐倭氣能命あかぶすまいぬおおすみひこさわけのみこと

 

アカブスマという神は国引きの神様、オミヅヌの息子という設定で登場する神。アメノミカツヒメの夫はアメノヒナトリなのか、アカブスマなのかという大混乱を招いている。さらにアメノミカジという似たような名前の神様が、アジスキタカヒコ(オオクニヌシの息子)の妻として登場し、様々な混同が見られる。

 

滋賀県 佐久奈度神社の伝承

大祓詞の中に、「荒潮あらしほの潮の八百道やおあひ八潮道やしほじの潮の八百曾やほあひいます。速開都比売はやあきつひめふ神。持ち加加呑かがのみてむ。」とある。

祓戸四神を祀るサクナド神社には、ここが大祓詞の発祥地であるとともに、祓戸四神の総本宮だとしている。

佐久奈度さくなど神社のホームページはこちら

 

鎌倉時代の書物に見えるイブキドヌシハヤアキツヒメ

鎌倉時代に書かれた倭姫命世紀と中臣祓訓解という2つの神道書には、速秋津姫=伊豆能売神いずのめのかみとしたうえで、祓戸三神が伊勢神宮に祀られているとしている。

瀬織津姫尊・・・伊勢神宮内宮・荒祭官(天照大神の荒魂)
速秋津姫尊・・・伊勢神宮内宮・滝沢宮並宮
気吹戸主尊・・・伊勢神宮外宮・多賀宮(豊受大神の荒魂)

つまり、ハヤアキツヒメはイズノメだという伝承ですね。

ここで注意が必要なのは、これら2つの書物は古事記・日本書紀が書かれた奈良時代ではなく、中世の鎌倉時代で、神道の書物だということ。

 

 

ハヤアキツヒメ関連スポット

【売布神社】気合の入らない人必見!お祓いと生命の息吹の神様を祀る神社!

【祓社】出雲大社の参拝前にすべての穢れを払おう!|はらえのやしろ

【伊努神社-いぬじんじゃ】平安時代12社あったイヌ社と謎のご祭神

【疫病退散守授与】祓戸大神の対コロナウイルス御守