出雲大社から西へ海岸沿いに走ると、小高い山を越えた先にそのお社はある。

 

f:id:kunato38:20181021214058j:plain

名を日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)と言い、創建はなんと第3代 安寧天皇の時代と伝わります。

 

 

f:id:kunato38:20181021214158j:plain

 

初代神武天皇が紀元前660年と古事記は伝えていますので、少なくとも紀元前5世紀の創建なのでしょう。

 

この神社は伊勢神宮と同じくらい重要な役割を担っています。

 

それは日本の夜を守護すること!

 

f:id:kunato38:20181021215327j:plain

 

 

日御碕神社の御祭神は?

日御碕神社には沢山の神様が祀られていますが、簡単にまとめてみましょう。

 

  1. 下の宮(日沈みの宮)→天照大御神
  2. 上の宮(神の宮)→素戔嗚尊
  3. 韓國神社→素戔嗚尊五十猛命
  4. 十九社のような形の末社→須世理姫

 

出雲大社と同じように下の宮にアマテラス、上の宮にスサノオとなっています。

 

こちらが下の宮

f:id:kunato38:20181021220620j:image

 

こちらが上の宮

f:id:kunato38:20181021220647j:image

 

 

やはり出雲ではスサノオの方が上手に配置されるのですね。スサノオ韓国神社に祀られ、ルーツが垣間見えます。

 

スサノオのルーツは古事記によれば高天原(天上界)となりますが、史実は色々な説が唱えられています。少なくとも朝鮮半島を経由して渡って来たのでしょう。

 

氷河期以前は出雲と朝鮮半島は陸続きだったという説もあるので外国人だとか渡来人という表現が適切かはわかりません。

 

そんなことよりも、1番の謎に気づいていただけました?

 

ヒントはこの本殿の欄間飾りにあります

f:id:kunato38:20181021153831j:image

つぎの見出しに答えを書きます。

そうです、、

 

夜を守るはずの神様がいない!!

伊奘諾(イザナギ)から生まれた三貴子(さんきし)、つまり最も尊い神様3人を思い出してください。

 

三貴子が誕生した時、伊奘諾はこう神勅を出しました。

 

そうです、この日御碕神社に相応しい神様は月読尊の筈です!!なぜどこにもいらっしゃらないのか!?

 

実は月読尊は意外な場所に鎮座なさっているのです。それは別記事で特集しますね!

 

 

神社に散りばめられたミステリー

他にもこの神社にはミステリーが存在します。それは千木(ちぎ)です。

 

まずはアマテラスを祀る下の宮の千木です

f:id:kunato38:20181021150319j:image

 

そして、スサノオを祀る上の宮の千木です

f:id:kunato38:20181021154010j:image

女千木と男千木という分類が正しいのならこのお社は全く逆になっているのです。アマテラスが本当は男神だとか、そういう都市伝説はナシにしましょうね。

 

千木に関する考察はこちら
www.izumo-enmusubi.com

 

 

 

 

日御碕神社は海上にあった?

日御碕神社が現在の地に遷座される前は経島(ふみしま)に鎮座していたと伝わります。経島は日御碕神社の西側、日本海の浅瀬に浮かんでいます。

 

f:id:kunato38:20181021154454j:image

 

ウミネコの繁殖地として有名で、シーズンになると地元ニュースでも「ウミネコの孵化を観測した」などと取り上げられます。

 

f:id:kunato38:20181021154612j:image

元々はこの経島で天照大御神を祀っていたところ、素戔嗚尊の五世の孫、天冬衣(あめのふきね)に神勅がくだり、現在場所に遷座したと伝わっています。

 

毎年8月7日の例大祭の時にはこのお社もお祭りが執り行われます。その姿はとても神秘的です。

 

f:id:kunato38:20181021160032j:image

引用:出雲観光協会ホームページ

 

 

謎の古代海底神殿が発見された!

経島周辺の海底に、古代の神殿が発見されました!玉砂利を敷いた参道や、石でできた階段、岩がウミガメのような形に並ぶ亀石などの不思議な遺跡が広がっています。

 

 

 

経島にお社が建てられる以前、この遺跡でお祭りが行われていたのではないでしょうか?この遺跡を発見したのは経島の海岸近くにダイビングショップを営むAQUA工房のオーナーさん。

 

元々経島は聖域であり、ダイビングなどご法度だったところを、地道な努力によって可能にしたとのこと。

 

この遺跡のガイドもやっておられますので、ご関心のある方はお問い合わせを。

ダイビングステーション AQUA工房 〒699−0763 島根県出雲市大社町日御碕450 TEL&FAX 0853-54-5711

 

日御碕神社へのアクセスはこちら

 

goo.gl

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに! 神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない! パワースポットとか大好きなのに ネット検索するしか調べる術がない… 日本文化をもっと詳しく知りたい と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…   などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります! でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も! 神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!  

古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!  

日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!  

超高速で理解する古事記

超高速で理解する古事記|note
神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
 
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)