1. HOME
  2. ブログ
  3. 【因幡の白兎】兎の予言によって絶体絶命の大国主命!〜後編〜

【因幡の白兎】兎の予言によって絶体絶命の大国主命!〜後編〜

前編ではイタズラをして痛い目にあった白兎を大国主の叡智が救ったお話しでした。

 

前編はこちら

【因幡の白兎】大国主命と八上姫のご縁を予言!?〜前編〜

 

そしてそんな命の恩人である大国主命に、白兎はある予言を伝えたのでした。

貴方は八上姫と結ばれます

そんな大国主命のその後の運命や、いかに!?

 

 

八上姫との出会い

出雲の国から遥々と旅をして来た大国主命とその兄の八十神(やそがみ)たち。

いよいよ絶世の美女「八上姫」と出会えました。

f:id:kunato38:20181026125801j:plain

八十神たちは八上姫に求婚をします。

ところが八上姫の答えは意外なものでした。

八上姫「わたくしは貴方達とは結婚致しません。わたくしが結ばれるのは大国主命です」

なんと白兎の予言通り、八上姫は大国主命を指名したのです。

そして、大国主命は八上姫と結ばれます。

大いなる陰謀が動き出した事に気付かないままに・・・

 

 

八十神の陰謀

八上姫の一件ですっかり恥をかかされた八十神は弟である大国主命の殺害を計画します。

八十神はまず大国主を山へ呼び出します。

八十神「これから俺たちは猪狩をする。この山には赤イノシシがいるらしい。お前は山の麓で待っていて、俺たちが追い込んだ赤イノシシを捕まえよ!」

 

と言って大国主命を山の麓に待たせると、

山の上から真っ赤に焼けた大石を落とし、大国主命を殺してしまいました。

それを知った大国主命の母はたいそう悲しみ、高天原(天照大御神らが住む世界)へ行き、神魂(カミムスビ)に相談しました。

 

 

神魂と女神たち

大国主命の死を知った神魂は娘である二柱の女神を遣わします。

枳佐加比売命(キサカヒメ)

宇武賀比売命(ウムカヒメ)

 

この二柱の女神は見事、大国主命を蘇生させる事に成功しました!

 

このことから出雲大社の大国主命を祀る御本殿内に、神魂伊能知比売神社に祀られています。

この摂社の読み方は、カミムスビイノチヒメジンジャと読み、又の名を天前社(あまさきしゃ)と申します。

 

ところが女神に命を救われた大国主命でしたが、次なる試練が待っていたのです!

 

 

まだまだ続く八十神の陰謀

大国主命の復活を知った八十神は、またしても大国主命を呼び出しました。

今度は罠を仕掛けたのです。

大きな木を半分に切って楔(くさび)を打ち込み固定。

その木の間に大国主命を押し込むと、楔を引き抜きました。

大国主命は勢いよく戻ってきた木に挟まれて死にました。

もうよくわかりませんが、ショートコントのネタの様な殺し方。大掛かりなセットとリアクション芸の様な・・・

そしてまたしても大国主命は復活を遂げます。2度も殺された息子を見かね、母は木の国のオオヤビコの元へ行くように指示をします。

オオヤビコの元へ逃げ込んだ大国主命。

しかしそこにも八十神の手が・・・

 

八十神はオオヤビコに、

「大国主を引き渡せ!」と迫ります。

そこでオオヤビコは大国主命をこっそり逃し、スサノオが住む根の国に行くように指示をするのですが・・・

 

 

白兎と八上姫が暗示するもの

白兎の突然の予言、そして八上姫の言動によって大国主命は一瞬の幸せを手に入れます。

しかし、それが原因となって命を狙われる事にもなりました。

まさしく口は災いの元ですね。

八上姫の言動は、自分のことを慕ってくれている人の気持ちを踏みにじるものでした。

自らの想いを成就する為に行動を起こすことは大事な事です。もしかしたら白兎から大国主命の事を事前に聞いていたのかもしれません。

どんなに自分の意見が正しいものであったとしても、人の気持ちって、

「正しい事を言えば変わるものではありません」よね?

そして、この八上姫のこの時の振る舞いが原因で、大国主命だけでなく自分自身も数奇な運命をたどる事になるのです。。

この続きはまた次回!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ライター紹介

ID:kunato38 出雲に住むアラフォー男性です。 出雲神話と神社が大好き。出雲そばと日本酒も愛しています。 【主要参考文献】 古事記、日本書紀、出雲風土記、神社各所の御由緒書 【資格】 神社検定3級 2級はあと3点足りず落ちました。。来年再チャレンジ!

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに!
神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない!
パワースポットとか大好きなのに
ネット検索するしか調べる術がない…
日本文化をもっと詳しく知りたい
と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…

などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります!

でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も!

神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!  

古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!  

日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!  

超高速で理解する古事記

超高速で理解する古事記|note


神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
 
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる