1. HOME
  2. ブログ
  3. 出雲市駅から出雲空港へのタクシー料金は?その他の交通手段もご紹介

出雲市駅から出雲空港へのタクシー料金は?その他の交通手段もご紹介

出雲市駅はJR線と私鉄一畑線の2つの電車が運航しています。また、夜行バス・高速バスなども多く出入りしていますので、旅行者にとって最初と最後の場所になるポイントの1つです。出雲大社を意識したエントランスは、出雲旅の気分を盛り上げてくれるでしょう

 

出雲市って都会に比べると、公共交通機関の本数が少ないです。電車なんて1時間に1本という認識で移動しないと、大きく予定を狂わせてしまいます。今回は出雲の旅で特に重要な出雲市駅から出雲空港への移動についてまとめます。

 

出雲市駅から出雲空港へタクシーで行く価格は?

飛行機の出発時間が迫っている!などの大ピンチの場合、電車やバスの乗り方を調べている暇はありません!

端的に所要時間と料金をお伝えしますね!

 

所要時間は30分程度

料金は約5000円程度

 

タクシーは出雲市駅北側(セブンイレブンがある側)にたくさん停留しているはずです。一刻も早く乗り込みましょう!

まだ時間的な猶予はあるよ!という方はこの下の記事を読んでください。

 

 

出雲市駅から出雲空港へ安く移動する手段

出雲市駅から電車で出雲空港へ行くには?

JR線は宍道湖の南側を通って、松江市と出雲市を結んでいます。

一畑電鉄は宍道湖の北側を通って、出雲市~平田市~松江市とつながっています。また、川跡駅をハブとして出雲大社前駅へもつながっています。ご覧の通り一畑電鉄では目指すことができませんね。

 

【 要注意】

出雲空港と直通の電車はありません!JR線に乗って荘原駅か宍道駅で降りてタクシーを呼びましょう!

 

出雲空港に一番近い駅はJR線の荘原駅しょうばらえきです。荘原駅から出雲空港まではタクシーで10分程度。

しかし荘原駅も宍道駅もタクシーがいるとは限りませんのでご注意ください。また、特急やくもは宍道駅にしかとまりません!

タクシーを呼ぶなら電話をするか、便利なJapantaxiアプリからタクシーを呼びましょう。

 

まだ使った事が無い人は、アカウント登録時にクーポンコード「48B07C」と入力すると、500円分のタクシークーポンをゲットできます!

アプリのインストールとアカウント登録はこちらからどうぞ!クーポンをお忘れなく!

Japantaxiをインストール

 

アプリが苦手な方はこちらからお電話にて呼びましょう

一畑いちばたタクシー 📞0853-21-1144

 

出雲市駅からバスで出雲空港へ行くには!?

出雲市駅から出雲空港へ直行するリムジンバスが運行しています!

 

運営会社一畑いちばたバス
経由バス停10か所
所要時間30分程度
乗車定員53名
料金720円(2020年1月現在)
決済手段現金のみ

 

県外からお越しになった方が一番混乱するのが、現金しか使えない事!

しかも720円という中途半端な料金設定、一万円は使えないなど、困ったことだらけ。両替は運転手横の料金箱で行えますが、運転中は危なくて使いにくいです。予めどこかで両替を済ませておくことをお勧めします。

 

バスの運行ダイヤはこちらのサイトをご確認ください。だいたい30分に1本出発している感じです。

ダイヤを確認

 

まとめ

都会と比べてまだまだ整備が足りない出雲の交通機関。出雲空港へ行くための電車は1時間に1本で直通なし(タクシーを併用する必要あり)、バスは直通ありで30分に1本。時間にゆとりをもって行動してくださいね。特に決済手段が現金のみという点には注意してください!

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

ライター紹介

ID:kunato38 出雲に住むアラフォー男性です。 出雲神話と神社が大好き。出雲そばと日本酒も愛しています。 【主要参考文献】 古事記、日本書紀、出雲風土記、神社各所の御由緒書 【資格】 神社検定3級 2級はあと3点足りず落ちました。。来年再チャレンジ!

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに!
神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない!
パワースポットとか大好きなのに
ネット検索するしか調べる術がない…
日本文化をもっと詳しく知りたい
と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…

などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります!

でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も!

神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!  

古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!  

日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!  

超高速で理解する古事記

超高速で理解する古事記|note


神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
 
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる