出雲大社の歩き方

縁結びで有名な出雲大社や出雲の魅力について語ります

【神社参拝の仕方】日本人なら覚えて損はない!正しい作法でお参りすれば願いが叶う?

神社の参拝方法って覚えることがたくさんあって難しいですよね。

 

でも丁寧にただし作法を教えてくれる人って少ないのではないでしょうか?神社の境内を歩いていても、作法を教える説明員が立っている訳ではないです。

 

まずお伝えしなければならないことは、作法を守らねばならないのか!?という部分ですが、必ずしもそうではありませんので安心してください!

 

このサイトをご覧になる方は、

神社にお参りする前に正しい作法を身に着けてから行きたい!

今神社に来たけど、正しい作法を教えて!

 

という状況でしょうか?

詳しい理由は置いといて、作法を簡単に解説しますね!

 

 

日本人なら覚えて損はない神社参拝の正しい作法

①鳥居を一礼して通り神社の神域に入る

 ※鳥居をくぐるたびに一礼して入ります

 

②参道を歩くときは真ん中を歩かない

  ※参道の真ん中は神様が通る道ですので歩くのを控えましょう

 

③手水舎で手と口をすすぐ

 ※左手、右手、左手に水を溜めて口をすすぐ、左手、柄杓を清める

 

④お賽銭箱にお金をそっと入れる

 ※投げ入れるのは失礼にあたります

 

⑤二礼、二拍手、手を合わせたまま祈願をする、最後に一礼する

   ※祈願のやり方はこの記事の最後をご覧ください

 ※出雲大社では二拍手ではなく四拍手です

 

 

さらに詳しく知りたい方はこちらをご参考にしてください

www.izumo-enmusubi.com

 

www.izumo-enmusubi.com

 

www.izumo-enmusubi.com

 

 

 

正しい作法でお参りすれば願いが叶う?

f:id:kunato38:20190211125319j:plain

神社参拝はご自身の穢れを祓い、気を整え、願いが叶う行動がとれるように神様に後押しをしていただく場所だと思います。

 

神様への感謝の気持ちをもってお参りになれば、それで十分だと思います。

しかし、正しい作法とその作法の意味を知ると、より気持ちよくお参りいただけると思います。ぜひ覚えてみてくださいね。

 

 

願いを叶えてもらうために覚えておきたい「お願いのやり方」

神社にお参りする方の目的は、願いを叶えて欲しいとか悩みを解決してほしいという事が多いのではないでしょうか?

 

神頼みとは何も悪いことではありません。

しかし、頼むからにはそれ相応の心構えで向かうべきではないでしょうか?

 

どうすれば願いを叶えていただける?

例えばあなたが人にものをお願いする時を思い出してみてください。

 

何かをお願いをして、相手があなたの言うとおりに動いてくれたとします。

そして数日たって、またお願い事をしたとします。

また数日後、同じようにお願いをしたとします。

 

相手はどんな気持ちでしょうか?

お願い事をするために一番大事なことは感謝です。

 

お願い事を言う前に、まずは前回やっていただいたことに感謝しましょう。

神様だけでなく人との関係性を良く保つには感謝が一番大事だと思います。

神様にお願い事をするときには、その前にまず感謝を忘れないようにします。

 

この感謝の気持ちが集まって初めて神社の社殿は後世に伝えられていくのです。お賽銭の意味とは感謝し、次の世代に神社と神様を遺していくためにお送りするものです。

お祈りも自分の事ばかりでなく、家族の事や平和な世の中をお願いすることも大事ですね。

 

 お願い事をする正しい手順

これまでご説明したことを踏まえ、正しいお祈りの手順をご説明します!

 

①二礼、二拍手を行い、手を合わせる

 ※出雲大社は四拍手

 

②自分の住所と名前を名のる

 ※どこの誰だかわからない人の願いを叶えようがありません。お祓いの時の祝詞でも最初は住所と名前を読み上げますよね。

 

③感謝をお伝えする

 ※日頃の感謝または前回お願いした事への感謝を申し上げる

 

④自分の目標や決意を神様へお伝えする

 

⑤お願いする

 ※目標が達成できるように神様にお手伝いをお願いする。

 

⑥一礼して帰る

 

⑦参道を正しい通り方で帰る

 ※帰り道は参道の脇を通り、鳥居をくぐるたびに本殿の方角に向き直り一礼してから出ていく

 

神様にはできる事とできない事がある

日本の神様は八百万、様々なお力を持った神様がいらっしゃいます。他国の信仰神とは違い、おひとりで全ての事を司る事はなさいません。

 

それぞれが自分のできることを一生懸命やる。

逆に言うと神様にはできる事とできない事があるのです。

 

風の神様は風をおこす事をひたむきに行われます。

風の神様に縁結びをお願いしても仕方ないですね。神様からすると「私に言われてもな~」という感じでしょうか。

 

自分の成し遂げたいことと神様ができる事が一致した時に初めてご利益がいただけるのです。

 

お参りになる前に、どんなお力を持った神様が祀られているのかを少し勉強してみられると、あなたの願いは叶いやすくなるのではないでしょうか?

 

 

出雲大社の神様のご利益はこちらを参照ください

www.izumo-enmusubi.com

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

皆様に良いご縁が結ばれますように!