f:id:kunato38:20181012000122j:plain

御本殿の東西両脇に設置された「十九社(じゅうくしゃ)」、謎の長屋造りのお社です。

このお社のご祭神は八百万の神。つまり、神在月に全国から集う神々の事。

 

神様がお泊りになる場所にしては狭い!?

11月17日から24日(旧暦10月11日~17日)まで縁結びの会議で招集される神様たち。ここにすし詰めのようにお泊りになるわけですね。想像するとちょっと笑えちゃいます。

神在月以外の期間は八百万の神々への遥拝所となっていますので、つまり十九社にご参拝いただければ全国の神々とつながれるわけです。とってもお得ですね。

神在月の十九社

十九社で滞在されている神々は「縁結びの会議」のために出張できている訳で、ここから仕事場(会議室)へご出勤になるのでしょう。会議室とはどこでしょうか?

過去記事にもご紹介しましたが、境外摂社「上の宮」ですね。

www.izumo-enmusubi.com

この縁結び会議の期間中(旧暦10月10日~17日)には十九社の扉が開け放たれます。

白い布がかけられ、神様がおられるという事が感じられ、神秘的なムードになります。

この神様をお迎えする旧暦10月10日は今の暦で11月17日ですが、出雲大社では神迎祭が行われます。読んで字のごとく「かみむかえ」、神様をお迎えする神事です。そして、24日には神様をお送りする神等去出祭(からさでさい)が行われます。

八百万の神々がご滞在中は「神在祭」となります。出雲大社2019年の神在祭は下記の通りです。どうぞお日にちを間違えずにお参りください。

 

2019年神在祭の日程はこちら

 

出雲大社の歩き方

出雲大社の参拝方法をまとめたパーフェクトガイド!初めて参拝される方は必見です!

 

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに! 神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない! パワースポットとか大好きなのに ネット検索するしか調べる術がない… 日本文化をもっと詳しく知りたい と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…   などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります! でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も! 神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!  

古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!  

日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!  

超高速で理解する古事記

超高速で理解する古事記|note
神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
 
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)