出雲大社の歩き方

縁結びで有名な出雲大社や出雲の魅力について語ります

【神在祭2018】神在祭(かみありさい)と縁結大祭の日程は!?

神迎神事、神迎祭を終えた翌日から1週間、全国からお集まりになった神様が出雲大社に滞在され、連日会議をなさいます。

 

この会議は神議ごと(かむはかりごと)と申しまして、この世に生きる人すべてにこれから起こる事を予めお決めになるのです。もちろん人のご縁をどう結ぶのかも、大事な議題の1つです。

 

f:id:kunato38:20181017230023j:plain

2018年の神議は

11月18日(日)~11月24日(土)までの7日間です

 

この期間中は上の宮で連日「神議」が行われ、夜には「十九社」にご宿泊になります。

 

神在祭はこの神様がご滞在中の期間に行われます。非常に大事なお祭りです。特に十九社でのお祭りは粗相が許されません。

 

神在祭は

11月18日、22日、24日の3日間

一般の方は参列できません!

 

神在祭を楽しみにお越しになる方はご注意ください!

 

上の宮と十九社はこちらの記事をご参照ください
www.izumo-enmusubi.com

 

www.izumo-enmusubi.com

 

 

 

神議ごとの期間中は粗相は許されない

一年に一度しかない大事な審議の期間。言わば全ての人々の運命が決まる期間。

出雲大社周辺の住民は特に粗相がないように気を付けてきました。

 

とくにこの期間中には家を新築したり、歌や舞や楽器を控え、物静かに過ごしたため「御忌祭(おいみさい)」と呼ばれていました。

 

近年ではこの感覚がわからず、神在祭が行われている十九社付近で騒いだり、十九社に向かって個人的なお願いを向ける人がいるようです。全ての人々の縁結びが決定される重要な期間に自分のお願い事を優先して神様にもうしあげるなど、幸せになれるはずもありません。

 

どうか神様には日ごろの感謝の気持ちをお届けする事を忘れず、また今の自分が在るのは他に支えてくれている「誰か」がいるからだと気づいてください。そうすれば神様にお願いをするべき時がいつなのか、どこなのか、自然とわかるはずです。

 

良縁を求める人は特に、自分の行うべき行動を間違わないでください。

神社では感謝が一番大事という記事を過去に書いています

 

www.izumo-enmusubi.com

 

 一般の方が参加できるのは縁結大祭のみ!

 11月18日、22日、24日の3日間にわたって行われる神在祭は一般の方が参列できないイベントですが、縁結大祭には予約すれば参列できます!

 

2018年縁結大祭とは!?

この神在祭の期間中に行われ、主催神の大国主命をはじめ全国八百万の神々に向かって祝詞が奏上されます。この良縁を願うお祀りごとに一般の方も参列することができます。募集要項と開催期間は下記の通りです。

 

応募方法
  • 申し込み締め切り 2018年11月10日
  • 申し込み方法 往復はがきにて応募。抽選により1枚で1名参列。
  • 御祈祷料 5,000円/人

 

 

2018年日程と定員
  • 縁結大祭① 11月22日午前10時(定員:2000名)
  • 縁結大祭② 11月24日午前10時(定員:2000名)
  • 臨時縁結大祭 11月23日 午前10時(定員:1700名)

 

準備と当日のスケジュール
  •  当選のはがきを持参、ジャケットなどの”失礼のない服装”で参列
  •  朝8時に手水屋横、銅鳥居前のテントにて受付

 

※はがきの記載方法

※送付先 〒699-0701
島根県出雲市大社町杵築東195
出雲大社社務所内 縁結大祭係 宛

f:id:kunato38:20181017225202p:plain

f:id:kunato38:20181017225237p:plain

 

特に23日は勤労感謝の日ということもあり、混雑が予想されます。大祭に参加をされないかたも、御参拝の時間などはご注意ください。

 

大祭に参加できなくても、この期間中に全ての神様に感謝をお伝えし、八百万の神々とご縁が結ばれると考えれば、こんなにお得なことがあるでしょうか!?

 

神在月はぜひ出雲大社にお越しくださいね。