出雲大社の歩き方

縁結びで有名な出雲大社や出雲の魅力について語ります

【出雲大社の謎】縁結びの会議「神議とは何か!?」神在月の意味とは!?

 出雲大社で毎年11月17日~24日の間に行われる定例会議、「神議(かむはかり)」。

人々のご縁を結ぶための会議と言っていますが、神様が集まって五穀豊穣をお祝いして、そして帰っていく。

 

人々の縁を結ぶ、「縁結び」とはどういうことなのでしょうか。

少し深読みして、私なりに考察してみました。

 

イベントの内容から考察してみた

五穀豊穣を祝う「新嘗祭(にいなめさい)」がこの期間中に行われるということから考えてみます。

 

超古代 日本が縄文期だったころは狩猟によって食料を得ていました。

 

しかし弥生に入って稲作が主流になると、地域によっては豊作の地もあるし、不作の地もあります。それによって貧富の差が生まれ、戦争となります。

 

大国主様が出雲の国を建国した時代、出雲の国はなんと九州から信州まで広域に及んでいたといいます。

 

これだけの広い土地を治める力とは何だったのでしょうか!?

 

私は譲り合いの文化があったのではないかと考えています。つまり、年に一度収穫の時期に集まって豊作の土地の者が、不作の土地の者に分け与える。

 

そして米からできた新酒をちょっとなめる。だから「にいなめ」祭という。

 

字の意味から考察してみた

縁結びの結びという字をバラバラにすると・・・

  1. むす ・・・生す
  2. ひ  ・・・霊

 

つまり命そのものを表していることがわかります。男女の縁結びだけではなく、人と人の縁結びを表しているんですね。

 

ちなみにおむすび🍙 は『生す霊』でも『生す日』でもあっています。太陽の恵みでできた米を握ったもので、お米は古代日本では命の象徴でした。

 

さらに脱線すると、生すというのは国歌「君が代」にも歌われていますね。

 

君が代も美しい歌なのでぜひ紹介しておきたいのですが、歌詞の意味をご存知でしょうか!?

 

君が代は 千代に八千代に さざれ石の 巌となりて 苔の生すまで』

(訳)男性と女性がお互いに必要としあう幸せな時代が  千年も何千年も  苔が生えるくらい  永遠に続きますように

 

脱線につぐ脱線で、本題を見失ってしまいそう(汗)

 

出雲大社神在月にお越しになる際は、この神議と縁結びについて、みなさんも想いを馳せてみてくださいね。