出雲大社で毎年11月17日~24日の間に行われる定例会議、「神議(かむはかり)」。

人々のご縁を結ぶための会議と言っていますが、神様が集まって五穀豊穣をお祝いして、そして帰っていく。

人々の縁を結ぶ、「縁結び」とはどういうことなのでしょうか。

少し深読みして、私なりに考察してみました。

イベントの内容から考察してみた

五穀豊穣を祝う「新嘗祭(にいなめさい)」がこの期間中に行われるということから考えてみます。

超古代 日本が縄文期だったころは狩猟によって食料を得ていました。

しかし弥生に入って稲作が主流になると、地域によっては豊作の地もあるし、不作の地もあります。それによって貧富の差が生まれ、戦争となります。

大国主様が出雲の国を建国した時代、出雲の国はなんと九州から信州まで広域に及んでいたといいます。

これだけの広い土地を治める力とは何だったのでしょうか!?

私は譲り合いの文化があったのではないかと考えています。つまり、年に一度収穫の時期に集まって豊作の土地の者が、不作の土地の者に分け与える。

そして米からできた新酒をちょっとなめる。だから「にいなめ」祭という。

字の意味から考察してみた

縁結びの結びという字をバラバラにすると・・・

  1. むす ・・・生す
  2. ひ  ・・・霊

つまり命そのものを表していることがわかります。男女の縁結びだけではなく、人と人の縁結びを表しているんですね。

ちなみにおむすび🍙 は『生す霊』でも『生す日』でもあっています。太陽の恵みでできた米を握ったもので、お米は古代日本では命の象徴でした。

さらに脱線すると、生すというのは国歌「君が代」にも歌われていますね。

君が代も美しい歌なのでぜひ紹介しておきたいのですが、歌詞の意味をご存知でしょうか!?

 

『君が代は 千代に八千代に さざれ石の 巌となりて 苔の生すまで』

(訳)男性と女性がお互いに必要としあう幸せな時代が  千年も何千年も  苔が生えるくらい  永遠に続きますように

 

脱線につぐ脱線で、本題を見失ってしまいそう(汗)

出雲大社に神在月にお越しになる際は、この神議と縁結びについて、みなさんも想いを馳せてみてくださいね。

オススメの本

日本の事を知るには古事記を読むのが一番!しかし古事記って長い・・・読んだことが無い方、読もうとして途中で挫折した方!これを読んでいただければ超高速で古事記を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。ぜひ手に取ってみてくださいね。

超高速で理解する古事記

超高速で理解する古事記|note 興味のある方はこちらをクリック

出雲大社の歩き方

出雲大社の参拝方法をまとめたパーフェクトガイド!初めて参拝される方は必見です!

旅行の便利ツールたち

新幹線が通っていない島根県出雲市へのアクセスは飛行機か夜行バス、自家用車が便利です。早めに予約することで大変お得に旅をすることができます。

下記のツールたちを使うと面倒な検索作業時間を短縮することができます。ぜひご活用くださいね。

宿の手配

宿の予約と言えばやっぱり!じゃらんnetですよね!もうすぐ年末年始!お早目のご予約を!

じゃらん特集一覧

航空券の手配

TRAVELISTというサービスを使うと、航空券の最安値を自動的に調べて表示してくれるので、大変便利です!航空券の手配にぜひご活用ください。

TRAVELIST by CROOZ

高速バスの手配

新幹線が通っていない出雲は、飛行機もいいけど特に夜行バスがオススメ!このスカイチケットというサービスは東京発の夜行バスに特化しています!一杯飲んで寝て起きたら出雲という何とも幸せな旅ができます。早めに予約しなくても飛行機に比べたら圧倒的に安いという魅力があります。

格安高速バス予約【skyticket】

レンタカーの手配

出雲の観光は何といってもレンタカーが圧倒的に便利。自慢じゃないけど公共交通機関が不便です。。レンタカーの予約にはスカイチケットというサービスが便利です!出雲にあるレンタカー屋さんを一括検索することが可能です。

スカイチケットレンタカー

最後まで読んでくださってありがとうございます! 皆様に素敵なご縁が結ばれますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。