神有月にお集まりになった八百万の神々は、いよいよ神等去出の最終地点、万九千神社から出立されます。

その出立の日とは、

旧暦10月26日(2018年は12月3日)

f:id:kunato38:20181203204652j:plain

この日は毎年、荒れ模様の天気になります。必ずです。

2018年12月3日の天気図

f:id:kunato38:20181203201025j:image

画像引用:Yahoo天気

この日の天気予報

  • 3日未明から雨
  • 正午~深夜0時まで曇り
  • 4日早朝から雨
  • 5日から徐々に雨は上がる見込み

万九千神社の神等去出神事の流れ

旧暦10月26日(2018年は12月3日)の夕刻

八百万の神がお泊りになっているお社の扉が叩かれ「お立ち~」と発声します。

そろそろチェックアウトの時間ですよ~

の合図ですね。

旧暦10月26日(2018年は12月3日)の夜

万九千神社内で、直会(なおらい)が行われると言われています。

つまり居酒屋 万九千で打ち上げをして旅を締めくくるのです。

旧暦10月27日(2018年は12月4日)の朝

八百万の神々はそれぞれの国へ出立なさいます。

天気とシンクロする神等去出神事

直前まで荒れ模様だった天気が、

チェックアウトを知らせるコールと共に雨が上がり、直会の間は雨が降らず、出立の時を迎えると荒れ模様となる。

ちょうど晩秋から初冬に移り変わるこの日に、神威を感じる風習があったのでしょう。地元の人は大荒れのこの日には家に閉じこもり、寝床で静かに過ごし神様がお立ちになるのを静かに待ちます。

そしてなぜか、

直会の夜、万九千神社の境内を覗くことは禁忌です。

 

万九千神社の詳細はこちらをご参照ください

【万九千神社】八百万の神の直会の場所!

 

 

それどころか、外出することも、大騒ぎすることも控えられ、町中が静まり返ることから「お忌み」と呼ばれています。

また、万九千神社の周辺を「神立(かんだち)」と呼びますが、古来より地元の人が神様が旅立っていかれるのを静かに見守ってきたのを表しているのでしょう。

 

 

天気図が示す古代出雲王国

出雲の旧家には古代出雲王国の支配領域を示す言い伝えがあります。

大国主命の時代、出雲国は九州から信州まであったと伝わっています。

最後にもう一度天気図をご覧ください。

f:id:kunato38:20181203201025j:plain

ちょうど雨雲もそうなっていて、驚きました。。

偶然かもしれませんが。

来年の天気図も注意して観察してみたいと思いました。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

皆様に良いご縁が結ばれますように!

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに! 神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない! パワースポットとか大好きなのに ネット検索するしか調べる術がない… 日本文化をもっと詳しく知りたい と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…   などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります! でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も! 神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!  

古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!  

日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!  

超高速で理解する古事記

超高速で理解する古事記|note
神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
 
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)