出雲大社の一番近くにある道の駅吉兆館(きっちょうかん)

道の駅というだけあって、マイカーはもちろん大型バスも停める事ができる広い駐車場を持っています。

2019年リニューアルを行い、ますます魅力が増しました!出雲大社へお越しの方はぜひお立ち寄りいただきたい場所です。

それではご紹介していきますね!

 

道の駅としての吉兆館

駐車可能台数:119台

出雲大社へのアクセス:徒歩12分

 

出雲大社の参拝用駐車場として利用可能です。ここから出雲大社の入り口である勢溜(せいだまり)までは徒歩12分。少し距離がありますが、ここから歩いていくと出雲大社の鳥居を全てくぐって参拝することができます。

 

出雲大社前の商店街「神門通り」を通る事もできます。観光の方には必ず通っていただきたいスポットのひとつ。

 

吉兆館に物産館が誕生

実はこの吉兆館、道の駅と言いながらも車を停めてトイレを借りるくらいしかなかったのです・・・が!!

2019年4月物産館がオープンしました

吉兆館の再開発について出雲市が公募を行い、地元企業のアリオンさんに決定。アリオンといえばレンタルビデオショップと、アリカフェというネットカフェを経営していらっしゃいます。

 

吉兆館にはお土産物が充実

この物産館の魅力は一言で言うと「観光地料金じゃない」ということでしょうか。こんなこと地元民が言ってはダメなんでしょうけど。

出雲大社周辺のお土産屋さんは、観光地っぽい商品が多く、どちらかというと自分用か恋人向けのお土産を選ぶのに向いています。

その点、吉兆館のお土産は職場やご家族の方に大量買いするのに向いています!

 

おすすめ商品!別所かまぼこのチップス!

数あるお土産品の中でもダントツでおすすめしたいのがこちら!

大社町内にある別所かまぼこさんが開発したスナック菓子、おさかなチップス270円!

この商品の何がすごいかって、そのスピリッツ。子供に胸を張って勧められる素材しか使わないというポリシーにより、食品添加物を徹底的に排除したストイックな自然食品。

僕の1歳半の赤ちゃんも、8歳のお兄ちゃんも無言で食べ続けるという非常事態!3袋購入しましたが帰りの車の中で2袋食べてしまうという・・・恐るべし全食品の魔力。体にいいものは自然と手が伸びるんですよね。

 

たくさんのフレーバーがあるのもうれしいところ。僕の一番はオニオン味。お酒に合いすぎ!

 

 

お蕎麦屋さん「吉兆」がオープン

物産館の整備に合わせて、お蕎麦屋さんもオープンしました。

その名も出雲そば吉兆

子供連れに嬉しいお子様セットから、そばが食べられない方にはカレー、かつ丼、うどん、喫茶メニューにはぜんざいやかき氷などもあります。

 

出雲そば吉兆の概要

営業時間 11:00ー17:00

定休日 なし

TEL 0853-31-9065

 

吉兆館のその他の情報

吉兆館にはこうした休憩できるスポットが整備され、ちょっとした飲食にも便利。お弁当やお菓子を食べるなどのご利用に向いています。

なんとこの隣には足湯を建設中!

ますます立ち寄る楽しみが増えていきますね!出雲大社への参拝後、歩き疲れた足を癒すのにはピッタリです。

 

吉兆とは何か?

正月1月3日に、出雲大社では吉兆さんというお祭りがあります。そこではこのように恐ろしい番内(ばんない)が歩き回り、

このように青竹を地面に叩きつけ、その土地の穢れを祓います。子供たちが泣き叫ぶほど怖いやつです。

吉兆館ではこの番内のモデルが展示されています。番内と記念撮影などいかがでしょうか?吉兆さんについて詳しい情報はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

リニューアルオープンした吉兆館。

お土産物が充実し、その価格設定や商品ラインナップからまとめ買いにぴったりなスポットでした。出雲そば、ぜんざい、足湯などの出雲観光に必要な要素が網羅されています!

出雲大社へのご参拝は、吉兆館をスタート地点に選んではいかがでしょうか?

 

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに! 神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない! パワースポットとか大好きなのに ネット検索するしか調べる術がない… 日本文化をもっと詳しく知りたい と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…   などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります! でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も! 神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!  

古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!  

日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!  

超高速で理解する古事記

超高速で理解する古事記|note
神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
 
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)