コトシロヌシ

 

【古事記】

八重言代主神やえことしろぬしのかみ

事代主神ことしろぬしのかみ

 

【出雲風土記】

なし

 

コトシロヌシの特徴

次世代の大王としての自覚、責任感が強い、釣りが好き、鶏が嫌い

 

コトシロヌシの御神徳・御利益

漁業の大漁、航海の安全、商売繁昌

 

コトシロヌシの系譜

父:大国主命おおくにぬしのみこと

母:神屋楯比売命かむやたてひめのみこと

妻:三島の溝橛耳神みぞくいみみのかみの娘、玉櫛姫たまくしひめ

子:媛蹈鞴五十鈴媛命ひめたたらいそすずひめのみこと

※父と母は古事記から、妻と子は日本書紀から引用。日本書紀ではタタライソスズヒメは初代天皇の神武じんむと結婚。古事記で神武天皇の妻は比売多多良伊須気余理比売ひめたたらいすけよりひめといい、この神は三輪山みわやま大物主神おおものぬしのかみと、三島ミゾクイの娘、勢夜陀多良比売せやだたらひめの間に生まれた御子とされる。

 

 

コトシロヌシにまつわる神話

国譲り神話

父であるオオクニヌシが治めてきた出雲国。しかし、アマテラスに献上するときがやってきました。次々と送られてくる使者を懐柔する事が難しくなってきた。最後の使者であるタケミカズチという最強の武神が降臨。弟のタケミナカタも力比べで負けてしまい、最後の決断を迫られたのは長男であるコトシロヌシ。

父に代わって重い決断を下し、出雲国をアマテラスに献上することを決めた。自らは責任を取るように、天の逆手という秘儀を行い、海の中に身を隠した。これ以降、オオクニヌシもコトシロヌシも神話には登場しない。国を譲った代わりに、オオクニヌシは出雲大社に、コトシロヌシは美保神社に祀られている。

オオクニヌシは国を譲る際にこう言い残している。「コトシロヌシが先頭に立ち統率するならば、私の子ども百八十神ももやそがみたちでこれに背くものはおりません。」

 

コトシロヌシはえびす様

神様と仏様が同一と考えられた神仏習合しんぶつしゅうごうの時代、コトシロヌシは七福神のえびすとして習合しました。そのため漁業大漁と商売繁昌の神様とされてきたのです。ちなみに父のオオクニヌシは大黒様と習合しました。

コトシロヌシを祀る美保神社は、えびす様を祀るえびす社の総社として崇敬を集めています。出雲大社と美保神社は、大黒様と恵比須様という縁起のいい組み合わせ。出雲に来たら両参りが基本なのです。

 

 

美保神社の言い伝え「鶏が嫌い」

コトシロヌシは、中海を渡り美保の対岸にある東出雲町揖屋いや三嶋溝杭姫命みしまみぞくいひめのみことのもとに夜な夜な通われ、明け方になると美保の社にお帰りになっていました。ところがある夜、一番鶏が時刻を間違えて、まだ夜も明けないうちにときの声をあげてしまいました。

急いで帰路についたところ、あわてられたせいか途中で船を漕ぐためのかいを海中に落とされ、仕方なく足で掻いている時に、その足をワニ(サメ)に噛まれケガをしてしまいます。

やっとの思いで美保に帰り着いたコトシロヌシの耳に、今度は正確な刻をつげる鶏の声が聞こえました。怒ったコトシロヌシはそれ以来ニワトリを忌むべきものとし、以後、美保・揖屋の人は鶏肉、鶏卵を食べず、鶏を飼うこともご法度としました。えびす様の絵がいつも片足を曲げていらっしゃるのは、この時の傷のせいです。