f:id:kunato38:20181230141146j:image

宍道湖の東岸にある「お祓いの神様」を祀る神社、売布神社(めふじんじゃ)。この神社の御祭神はお祓いの神様の中でも特に、水に関係があります。

売布神社の御祭神

速秋津比売命はやあきつひめ

五十猛命いそたける

大屋津姫おおやつひめ

抓津姫つまつひめ

 

速秋津比売はお祓いの神様四柱のうちの一柱。

川から流れ込んできた穢れ(けがれ)を海の底で飲み込むのだと伝えられています。

宍道湖はもともと日本海に砂が堆積して出来た湖ですので、海と見立てられても不思議はありません。

別名 水戸神みなとのかみと呼ばれることも。

五十猛と二柱の姫は、共に須佐之男命の御子です。特に植林に関わる恩恵をもたらした神です。

 

 

売布神社の御由緒

神社の名前の由来は「芽吹き」

もともとは櫛八玉神くしやたまのかみが生命の祖神として速秋津比売をお祀りした事が起源と伝わっています。

櫛八玉神とは古事記によると速秋津比売の孫にあたります。

国譲りの時に建御雷を料理でおもてなしした神として伝わり、鹿島神社に祀られています。別名 膳手神かしわでのかみとも櫛八玉比売とも言われます。

 

鹿島神社と言えば、宍道湖の西岸に位置しています。

【鹿島神社】国譲り後の宴会のお社で現在も続くおもてなしとは!?

 

 

そしてなんと、売布神社も元々は宍道湖西岸にあったのだとか。

斐伊川と宍道湖が現在の形になっていく過程で、売布神社の位置も様々に遷座されたのだとか。

そして速秋津比売を祀っていただけの神社に、五十猛などの木の神様が祀られるようになります。

生命の起源は海で生まれたという事から「芽吹き」の象徴を海の底に見立て、その後に大地に木が芽吹く事を願い、木の神様を合祀したのでしょう。

そんな命の芽吹きを願うありがたい神社にお祓いの神様。

穢れを祓い、命の息吹を与えてくださる。

そんな神社には「いい気」が満ちています。

最近気合が入らない、元気が出ないという方は、この神社を参拝しましょう。

穢れを祓って、生命の息吹を吹き込んでいただけそうです。

 

 

売布神社の御本殿

f:id:kunato38:20181230141158j:image

大社造で千木は女千木。

御本殿は南を向いています。

 

 

売布神社の摂社

f:id:kunato38:20181230141202j:image

楼門を備えた立派な摂社 「相殿」には五十猛命、大屋津姫、抓津姫が祀られています。

売布神社へのアクセス

松江駅から歩いて9分程度。

町中に位置し、参拝しやすい神社です。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

皆様に良いご縁が結ばれますように!

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに! 神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない! パワースポットとか大好きなのに ネット検索するしか調べる術がない… 日本文化をもっと詳しく知りたい と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…   などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります! でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も! 神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!  

古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!  

日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!  

超高速で理解する古事記

超高速で理解する古事記|note
神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
 
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)