1. HOME
  2. ブログ
  3. 女夫岩遺跡|高速道路の上に鎮座する磐座!?

女夫岩遺跡|高速道路の上に鎮座する磐座!?

磐座ファンの皆様お待たせしました!

今回ご紹介する磐座は出雲風土記にも記述が見える、伝説の磐座なのですが、その場所がすごく珍しいのです!

なんとこの場所、山陰道という高速道路の真上。。なんでこんなところに、というか遺跡の下を掘ったというか。。

 

 

高速道路のトンネルの上が遺跡という。珍しいタイプの遺跡なのです。この遺跡は出雲風土記に記載があります。

 

 

出雲風土記に見える女夫遺跡とは?

 

所造天下大神命(あめのしたつくらししおおかみ)が狩りで追いかけなさった猪の像が、南の山に二つある。一つは長さ二丈七尺、高さ一丈、周り五丈七尺。もう一つは長さ二丈五尺、高さ八尺、周り一丈九尺。猪を追う犬の像。長さ一丈、高さ四尺、周り一丈九尺。その形は石となっているが、猪と犬以外のなにものでもない。今でもなお存在している。だから宍道(ししじ)という。

 

所造天下大神というのは大国主命のこと。つまりこの遺跡周辺はオオクニヌシが狩りをしていた場所なのでしょう。ここから南西に行った宇賀神社には犬垣(野獣が村に下りて来ないようにするための垣根)があったとされるので、その狩場は広範囲だったことが分かります。

出雲風土記の記述は、古代に行われた狩りの風景を形どったような巨石があることを伝えています。

 

そしてこの巨石の存在が、現在の宍道町(しんじちょう)の地名由来となったのです。

 

北側の岩が長さ9m、幅2.5m、高さ4m以上、南側の岩が長さ6m、幅3m、高さ4.5mということで、風土記に記載されたサイズとは若干違います。もとは一つの岩だったものが、割れて徐々に隙間があいて2つになったのだとか。

 

 

巨石信仰を伝える石宮神社

女夫岩遺跡から北東に少し行ったところに石宮神社(いしのみやじんじゃ)があります。

ここには犬石という巨石が御神体として祀られています。

 

この神社も出雲風土記における宍道の由来を伝える御由緒を持っています。この犬石と、その前に鎮座する拝殿は南の方角を向いており、出雲風土記に記載された通りならば南の方角に猪の石が2つあるはずです。

ところが、この石宮神社の境内に猪石とされる巨石があったりして、この神社の境内で完結させようとするストーリーが濃厚です。。

 

石宮神社|ついに完結?出雲大社の御本殿に祀られた神を探る旅

 

 

大国主命の狩場マップ

 

ここまでのストーリーをまとめると、石宮神社に犬石があり、女夫岩遺跡に猪石があり、宇賀神社に犬垣があった。古代出雲では、宇賀のあたりに村があり、稲作を行っていた。

宇賀神社から北東に位置した山野に猪がいる狩場があったと推察されます。

 

宇賀神社には五穀豊穣の神である稲荷神が祀られ、また大国主命の妻であるアヤトヒメの伝説も残っています。

宇賀神社|アヤトヒメの正体!?遠く離れたもう一つの宇賀とは?

 

猪を捕り、お米を炊いて待っている妻の元に帰るという、古代の生活が見えてきますね。宇賀神社の周辺には稲わらを天日に干す、ハデ干しの風景が広がっています。

 

女夫岩遺跡へのアクセス

公共交通機関で行く事はできません。マイカーかレンタカーでお越しください。駐車場などもありませんが、遺跡入口の脇の僅かなエスケープゾーンに車を停めることができます。

 

遺跡入口に立つと、ハチやマムシにご注意くださいという恐ろしい看板が目に入ります。

この場所から見える通路はまさしく山道。

 

ですが、入口から遺跡までは5分程度で歩いて行けます。見た目よりは大分楽な道のりです。

 

遺跡の前にはお賽銭箱もあり、お札も販売されている様ですが、今回は売り切れていました。

 

 

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

ライター紹介

ID:kunato38 出雲に住むアラフォー男性です。 出雲神話と神社が大好き。出雲そばと日本酒も愛しています。 【主要参考文献】 古事記、日本書紀、出雲風土記、神社各所の御由緒書 【資格】 神社検定3級 2級はあと3点足りず落ちました。。来年再チャレンジ!

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに!
神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない!
パワースポットとか大好きなのに
ネット検索するしか調べる術がない…
日本文化をもっと詳しく知りたい
と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…

などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります!

でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も!

神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!  

古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!  

日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!  

超高速で理解する古事記

超高速で理解する古事記|note


神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
 
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる