f:id:kunato38:20190108234553j:plain

 

出雲大社をはじめ、多くの神社でお見掛けする「巫女(みこ)」さん。

朱色の袴がなんとも美しく、思わず見とれてしまいますよね。

日本らしい紅白の装いは、海外の方が見ても思わずカメラを向けてしまうのではないでしょうか?

そんな、みんなが憧れる巫女さんになるにはどうしたらよいのでしょうか?

 

 

巫女になるには資格がいらない!?

厳密にいうと巫女は神職の補助であるため、資格などはいらないのです!

ただし神社の規模によっても違いますが、人手が足りている神社では神職の娘さんや御親族の方々がお勤めになる事が多いようです。

しかしお勤めになる「勤務内容」によって巫女にも区分があるようです。

 

本職巫女

義務教育終了後~20代後半までの女性が担当します。

定年以降に勤務する場合は松葉色・紺色などの袴を履いて区分されるようです。

神楽を奉仕・指導する巫女は定年後も技術継承の為に勤務されることがあるようです。

もちろん神職の御親族などは、神職の資格を取って本職巫女になっていらっしゃることもあると思います。

本職の方々は、お授所での店番はもちろん、日々の神事や、神楽、御朱印など多岐にわたる業務をこなしていらっしゃいます。

f:id:kunato38:20190109002010j:plain

小さな神社では巫女さんはいらっしゃらず、宮司さんが一人で頑張っていらっしゃることも多いですが・・・

 

 

 助勤巫女

正月などの繁忙期に採用されるケースが多い、「臨時のバイト」のようなものです。

出雲大社などの大きな神社では、助勤巫女さんは数多くいらっしゃいます。

主に高校生・大学生が担当します。

人手が足りない時に採用されるだけあって、お守りや破魔矢などのお授所で店番をなさっていることが多いです。

f:id:kunato38:20190109000647j:plain

神社によっては千早(ちはや)の着用の有無で本職巫女と区別されることもあるようです。

千早は舞衣装ですので、確かに本職巫女しか着用できないと言えます。

f:id:kunato38:20190109001534j:plain

この神楽に向かう巫女さんが羽織っているのが千早です。

 

 

まとめ

巫女になるには基本的に資格がいらないため、神社で求人が出ていて、採用となればめでたく巫女デビューとなります。

ただしどんなに憧れの神社にお勤めしたくとも、神社の規模によっては助勤巫女などの募集がない事もあります。

出雲大社の巫女は女子学生の憧れです。

特に高校の夏休みなどは、同級生の女の子がたくさんお勤めしているのを見かけたものです。

出雲大社にご参拝の折、セリフが棒読みの巫女さんがいらっしゃったら、温かい目で見守ってあげてください。

神社に奉仕する若い人たちがいると言うことは、神社を後世に残していくために、とても重要で価値ある事だと思います。

 

初めての日本神話にオススメの本

この記事を読んだ方はこんなお悩みがあるではないでしょうか!?

神社に興味があるのに!

神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない!

パワースポットとか大好きなのに

ネット検索するしか調べる術がない…

日本文化をもっと詳しく知りたい

と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…

 

などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります!

でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も!

神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!

 

古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。

この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ!

さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!

 

日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。

でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています!

文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!

 

超高速で理解する古事記


超高速で理解する古事記|note

神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!

 

これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!

読んでみる

 

 

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに! 神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない! パワースポットとか大好きなのに ネット検索するしか調べる術がない… 日本文化をもっと詳しく知りたい と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…   などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります! でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も! 神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!  

古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!  

日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!  

超高速で理解する古事記

超高速で理解する古事記|note
神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
 
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)