1. HOME
  2. ブログ
  3. 【三歳社】初心者にはオススメできない摂社!でも正月には特別なプレゼントが!

【三歳社】初心者にはオススメできない摂社!でも正月には特別なプレゼントが!

出雲大社神楽殿の裏には三歳社という摂社がある。初心者にはオススメできない理由、それはつまり、、

f:id:kunato38:20181105221815j:image

すごく勇気がいる道のりだからです!!

え?なに?ここから先は自己責任!?

観光気分も飛んでしまいます。。

そしてこの看板の向こうに見える参道は、

f:id:kunato38:20181105222047j:image

明らかにへと続いています。

神様を信じて一歩を踏み出せるかどうか!

ちなみに神楽殿からここまで300mくらいは歩くはずです。

1人で歩いてきたなら気持ちが折れるかもしれません。。

勇気を出して進むと。。

f:id:kunato38:20181105222613j:image

どんどんと山に入って行き。。

f:id:kunato38:20181105222716j:image

ついに来た!いつでもシカと会えそうな雰囲気!もう覚悟を決めましょう。

昔の人はこうやって神様を拝みに来てたのでしょうから。木の上で鳥が沢山鳴いてても気にしない!

ちなみにカラスの巣に出くわした場合は死ぬ気で逃げてくださいね。本当に死ぬまで襲撃されますよ。

そして、

f:id:kunato38:20181105223053j:image

この橋が見えたらお社はもうすぐ!

橋を渡り、最後の坂を登るとー

f:id:kunato38:20181105223158j:image

ようやくたどり着きました。

三歳の社の御祭神

大国主命の御子神 二柱

事代主と 高比売神(別名:下照姫)

須佐之男命の孫   御年神(みとしのかみ)

以上三柱の神様です。

三歳の社のお祭り

毎年1月3日に福迎神事(ふくむかえしんじ)が執り行われます。この日は沢山の人が訪れ、福柴と福茅をいただきに来ます。

普段は人が来ないこのお社もこの日ばかりは人がたくさん。

福迎え神事は深夜1時に執り行われます。

福柴と福茅を受け取った人は、

家に福を迎えることができ、その一年を幸福に過ごせるのだと伝わっています。

三歳社の謎

元々は事代主と高比売だけを祀っていたお社。そこへ素戔嗚の孫である歳神を合祀した。

歳神と言えば父は大歳である。大歳と言えば神武天皇よりも前に大和王国を治めていた謎の神様。

元々出雲系の神が祀られていた三歳社に、後から大和の神が合祀されて、ご神徳も大和の神が目立っている。

そして何より謎なのは、

三歳社は真東を向いているのです。

三歳社から真東の方向にあるのは

当時の大和王権の地方行政機関、出雲国庁!

出雲大社の御本殿が西を向いているのに対し、三歳社は東を向いている。

出雲大社の摂社には謎がいっぱいですね。

皆様も神社に参拝する時は本殿の向き、しめ縄の方向などを確かめると意外なことがわかるかもしれませんよ。

出雲大社の歩き方

出雲大社の参拝方法をまとめたパーフェクトガイド!初めて参拝される方は必見です!

最後まで読んでくださってありがとうございます!

皆様に良いご縁が結ばれますように!

  1. もこた

    はじめまして!
    初めてコメントします。
    今日、日帰りで東京から出雲大社へ参拝に行ってまいりました。
    そしてまさに三歳の社に行き、こちらのページを拝見しながら森の中を歩きました。
    私一人で、前にも後にも人の気配がなく、森の前で足がすくんでしまい、一度帰ろうと思ったのですが、
    こちらのアドバイスを読んで、自分を奮い立たせて駆け抜けました。
    ありがとうございました^^

    • kunato

      もこた様
      コメントありがとうございます。お役に立てたようで幸いです。しかも日帰り弾丸ツアーでわざわざ出雲へ・・なんと嬉しい事でしょうか!
      この道を歩いていくのは結構勇気が要りますよね。色んな気配がして歩きづらかったと思います。この峠を越えたところ、つまり出雲大社の裏山にはさらにミステリースポットがたくさんあります。次回はぜひご1泊でどうぞ!

  2. 匿名

    ご返信くださりありがとうございます。
    はい、ぜひまた泊まりでゆっくり行きたいです。
    玉造温泉もとても素敵ですよね。

    出雲大社には龍神様がいらっしゃって、時々写真などにもお姿を現されると伺ったのですが本当でしょうか?

    初めて伺った際には、キリッとした、ピリッとした空気を感じました。

    • kunato

      出雲は昔から龍神信仰があり、古い神社の境内には今でも木に藁を巻きつけた荒神と言われる神がおられます。
      また、出雲大社の神在祭も龍蛇様(りゅうじゃさま)と呼ばれる蛇神が先導役を務め、神楽殿に祀られます。
      そういう意味では、出雲大社に龍神様は確かにおられます。
      もしかすると写真にも写ることがあるかもしれませんね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ライター紹介

ID:kunato38 出雲に住むアラフォー男性です。 出雲神話と神社が大好き。出雲そばと日本酒も愛しています。 【主要参考文献】 古事記、日本書紀、出雲風土記、神社各所の御由緒書 【資格】 神社検定3級 2級はあと3点足りず落ちました。。来年再チャレンジ!

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに!
神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない!
パワースポットとか大好きなのに
ネット検索するしか調べる術がない…
日本文化をもっと詳しく知りたい
と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…

などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります!

でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も!

神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!  

古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!  

日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!  

超高速で理解する古事記

超高速で理解する古事記|note


神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
 
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる