現代の日本人が使う日本語は、外国の方には理解しづらいようです。

そしてその難解なルールで使用される言語は今もなお変化を続け、難解さを増しています。

f:id:kunato38:20181115234132j:plain

ではなぜ、このように難しくしたのでしょうか?

それには深い理由があったのです。そして、この日本語の難しさが日本を守ってきたのです。

日本語の難しさとは!?

日本語とは単一の要素からなる言語ではありません。さまざまな要素が組み合わされています。

表音文字と表意文字

英語で言えばK,N,Wなどの文字自体に意味はなく、音のみを表現するのが表音文字文字です。

英語はこれらの音を組み合わせることでknow(知る)などのように初めて意味を持ちます。

一方で、表意文字とは「表」などのように文字そのものに「あらわす」などの意味があったり、「火」などのように火の形を文字に起こしたものまであります。

中国語などはこの表意文字だけで構成されています。

日本語は「かな」という表音文字と「漢字」という表意文字が組み合わされた、世界でも類を見ない難解な言語なのです。

 

言葉を輸入して加工する

例えば英語のBusinessという単語は、日本では「ビジネス」でもあり「仕事」でもあります。

さらに日本人は「ビジネス研修」などのように意味不明な活用をします。

また、一見すると英単語の様でも英語として読めない「ローマ字」や、

表音文字としてはひらがなだけで充分なはずなのに「カタカナ」も存在します。

この言葉の自由度が他言語に比べて、柔軟で巧みなのです。

 

縦書きと横書き

新聞を見ればご理解いただけるでしょう。

しかし、その理解は日本人にしか出来ないのです。日本語はまさに縦書きにも横書きにも対応できる、万能な言語なのです。

 

日本語の原型とは!?

書き出せばキリがないくらい日本語の難解さを例に挙げることができます。

この難解さはどこにルーツを持つのでしょう?

それはなんと1300年前に書かれた古事記にルーツを持つのです。

古事記は日本初の漢字仮名交じり文で書かれました。

同時期に書かれた日本書紀漢文体で書かれています。

これは何を意味するのでしょうか?

どちらの書も編纂を命じたのは同じ人。奈良時代、ときの天皇である天武天皇です。

漢文体は当時の中国の人でも読めるものだった様です。当時アジアの覇権を握っていたのは中国。

つまり日本書紀は中国に読まれても大丈夫な内容が書かれていて、

古事記には中国に知られてはならない事を書いたと考えられます。

または、日本人にだけ伝えたい事を書いたとも考えられます。

f:id:kunato38:20181115232843j:plain

つまり、世界初の暗号文だった訳です。

この時成立した日本語のルールは現代でも進化を続け、難しくなり続けています。

日本語が守ってくれた!?

日本語を真の意味で理解できるのは日本人だけです。

少し滞在した程度では仮に少し喋れる様になったとしても、深い会話をする事は無理です。

日本語を理解するには日本文化を理解する必要があるからです。

この性質のお陰で、

他国から文化を壊されなかったのです。

また、近年ではこのお陰で

日本はサイバー攻撃から守られてきました。

ウイルスなどの安易な攻撃が落ち着いた今、超高度なフィッシングや成りすまし攻撃、ソーシャルエンジニア攻撃が出回っています。

しかし、日本語に違和感があれば日本人はすぐに気づくことが出来ます。

これが遠い先祖が残してくれた、最強のシールドだったのです。

しかし、最近はまた状況が変わって来ました。

f:id:kunato38:20181115234419j:plain

その原因はAIの登場です。

AIからは守れない!?

彼らはディープラーニングにより、人間の言葉だけでなく、趣味趣向や歴史文化を深く学習します。

人の顔を認識し、的確な判断を下します。

2045年には人間の知能を超え、自分達でテクノロジーを発展させ、新しい工業製品を発明すると言われています。

AIが日本語を深く理解して、日本人と対等に話せる日が来るのはそう遠くない未来でしょう。

 

外国人にも侵略出来なかった、日本文化を壊し得る可能性を秘めているのです!

しかし、ここで大事なことは、AIを遠ざけることではありません。

私たち日本人は古来より素晴らしい価値観を受け継いできました。

 

それは、

八百万の神様を大事にする事

 

七福神に代表される様に、日本では様々な国の神様を受け入れ、習合しながら敬ってきました。そしてさらに「八百万の」とは800万を意味するのではありません。

 

八百万とは「無限」を意味します。

つまり、神様は海や山などの自然に宿るのみではなく、文明の発達とともに日々増え続けるというのです。

万物に神が宿るのです

農耕の神から、お米の神、お茶碗の神、お箸の神という感じです。

AIは新たな神の一柱に数えられる事になります。

 

これからの日本人の価値観

これから大事になる価値観とは

「これまでなかったものを受け入れる」

という事です。一柱の神しか信じることを許されない、厳しい宗教では無理なのです。

AIをはじめとするITテクノロジーや宇宙開発に対して、そこに神が宿ると信じる日本の神道というのは他の国には全く持ち得ない価値観です。

どんなに急激な変化にも「国譲り」という何とも思い切った対応を成し遂げられた大国主命のように、

また、日本人にとって大事な価値観「神道の考え方」を

他国に改竄されることの無い言語を発明し、古事記として残してくれた先祖のように。

 

新時代を生きる知恵は古来より日本人に備わっているのではないでしょうか?

 

最後まで読んでくださってありがとうございます!

皆様に良いご縁が結ばれますように!

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに! 神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない! パワースポットとか大好きなのに ネット検索するしか調べる術がない… 日本文化をもっと詳しく知りたい と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…   などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります! でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も! 神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!  

古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!  

日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!  

超高速で理解する古事記

超高速で理解する古事記|note
神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
 
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる