出雲大社の歩き方

縁結びで有名な出雲大社や出雲の魅力について語ります

【勤労感謝の日】本当の意味を知るとお祝いの意味が変わる!

11月23日は勤労感謝の日です。日本国民は祝日ですよね。

 

でもこの日は、何のための祝日なのでしょう?

 

誰が何に感謝をする日なのでしょうか?

 

この意味を正確に理解している日本人は、意外と少ないのです。

 

なぜ知らないのか?

その答えは簡単。忘れさせられたからなのです。

 

 

勤労感謝の日とは本来何の日?

11月23日とは本来、新嘗祭の日です。

 

新嘗祭(にいなめさい)とは、五穀豊穣に感謝する日です。

 

 

f:id:kunato38:20181123075037j:plain

 

日本人にとっては特に、お米の豊作に感謝する日と言ってもいいでしょう。

 

古来、日本人は生きていけるかどうか、食べることに困らずに済むかどうかを、米の出来具合で判断していました。

 

お米とは日本人が初めて獲得した「保存できる食糧」であり、命の象徴だったのです。

 

お米の出来栄えに感謝し、来年の豊作を祈る。

例え出来栄えが良くなかったとしても、少しでも出来たことに感謝し、来年の豊作を祈る。

 

この、常に謙虚に自然と向き合う姿勢が大事なのです。

 

日本人はこのようにして、

「富を得たならさらなる富を」

とはならず、

「富を得たなら謙虚になり、来年に備えよ」

 

と言って、慎ましく生きてきたのです。

 

 

誰が新嘗祭を行うのか

実は、新嘗祭とは国民が祝うものではなく、天皇陛下が祈る儀式なのです。

 

天皇陛下天照大御神の時代から、五穀豊穣を祈る事を自らの責務としていらっしゃいます。

 

宮中祭祀のある日、国民は仕事の手を止めて陛下の祈りを見守る。

 

新嘗祭とは天皇陛下が五穀豊穣をお祈りになる日です。

 

それが本来の「祝日」の意味なのです。宮中祭祀が行われるから国民は休みましょう。という日が祝日です。

 

天皇陛下が行われる新嘗祭の内容

 11月23日の午後6時から「夕の儀(よいのぎ)」、11時からは「暁の儀(あかつきのぎ)」が皇居内の神嘉殿で行われます。

 

男性の皇族方も参列されますが、陛下と同じ殿上に上がられるのは皇太子殿下のみ。

 

また、新天皇陛下が即位された年の新嘗祭は「大嘗祭(だいじょうさい)」と呼ばれ、内容も特別なものになります。

 

大嘗祭はまた別の記事で特集しますね。

 

 

なぜ新嘗祭を消したのか

日本国民にとって大事なこの祝日、あえて呼び名を変える必要がどこにあるでしょうか!?

 

日本人が自ら変える必要性がありません。

 

変えたのはアメリカです。

戦争に負けたからなのです。

 

戦争に勝ったアメリカは実は日本の底力を大変恐れていました。

信念の為なら特攻もやむなしとする民族。数の力では圧倒的に凌駕していたはずなのに中々陥落させることができなかった日本軍。

 

どうして日本人はここまで強い精神を持っているのか?

 

それは日本の伝統と文化の力です。

 

勤勉で他国の技術を吸収できる力

謙虚で素直な心

外国人には理解できない言語を操る力

 

これらの力を裏付けていたのは先祖から続く伝統の精神です。

 

そしてGHQは日本に戦力放棄をさせるだけでなく、今後再びアメリカの脅威となる事が無いように、徹底的に日本人のマインドを変えていきました。

 

具体的にはこのような工作を行いました。

 

敗戦当時の大人たちだけでなく、教育や祝日を変えることで次世代にわたってマインドコントロールを行ったのです。

 

なかでも日本人の伝統文化を一番破壊せしめるのは神話を学ぶ事の禁止でしょう。

 

 こちらの記事にも書きました

www.izumo-enmusubi.com

 

 

 

新嘗祭にすべきこと

 お米の豊作に感謝し、お米からできたものを食べて・飲んでお祝いしましょう。

 

具体的にはお米や御餅を食べて、日本酒を飲み語り合います。

 

特に日本酒は一番苦労して作られる製品ですよね。

 

お米を育てるだけでも1年間の大変な苦労があるのに、お酒はそこからさらにさらに手間をかけて仕込みます。

 

日本酒は世界で唯一「腐らない」「永遠に美味しくいただける」という奇跡のお酒です。

 

神棚や神社の拝殿で神様に奉納されるのはこういう理由があるのです。

そして日本酒の「新酒」とは「その年に収穫されたお米で仕込んだもの」という意味が昔はありました。

今では大人の都合で新酒の仕込み時期が変わっていっているようですが・・・

 

「五穀豊穣に感謝し、お酒をちょっとなめる」

 

これがニイナメの語源でもあります。

 

お酒を飲めない人はお米や御餅でお祝いしてもいいと思います。

飢えることなく暮らしてこられた日々に感謝をしましょう。

 

新嘗祭の夜は陛下の祭祀を見守りつつ、家族で直会をするのがよいでしょう。

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

皆様に良いご縁がありますように!