神社のお賽銭(さいせん)は「いくら入れるべきなの?」

神様にお願いしたい事があるときほど悩んでしまいますよね。悩んだ結果、5円に落ち着くという感じでしょうか?これ、やり方として合っているのでしょうか?

f:id:kunato38:20181028210733j:plain

何円入れたら神様はお願い事を聞いてくれるのでしょうか?というか、そもそもお金次第で聞いてくれなかったりするのでしょうか?

そんな誰しもが抱いている疑問。実はちゃんと答えてくれる人がいなかったりしますよね。結局のところ慣習ですので信じたいものを信じれば良いのです。

ここでは私なりの見解を書いておきますので、皆様のご参考になれば幸いです。

そもそもお賽銭とは何?

お賽銭とは元々はお金ではなかったのです。

神様に感謝を届ける為に作られたのが神社であり、昔でいう感謝とは自然からいただいた恵み、つまり「農作物・海産物」などの食料でした。

その中でも保存ができる画期的な食糧といえば「お米」であり、お米とはすなわち「命」そのものと言っていいほど大事なものだったのです。

f:id:kunato38:20181030205055j:plain

そんな大事なお米を「おひねり」として神社に奉納する。

これがお賽銭の原型となりました。

その後、社会は高度化し物々交換の時代から貨幣経済へとシフト。モノをカネで買う時代となりました。現在ではお米だけで人は動かず、お金を奉納する事が感謝のしるしとなってしまいました。実際に、神社の社殿を維持していくのもお金が必要な時代ですものね。。

古事記によるとお米とは天照大御神の孫(瓊瓊杵尊)が地上にもたらした有難い食糧と伝わっています。縄文時代は狩猟と採取の文化でしたから、米も食べていたかもしれませんが、「自生していた米」のはずです。きちんと栽培するという農業生産物としての米は弥生時代以降の事です。

弥生時代に人間の努力によって米を生産し備蓄できるようになると、貧富の差が生まれ争いが起こります。古事記はこうして米は神が与えたものと説明する事で争いをやめようと説いているのでしょう。

f:id:kunato38:20181030210242j:plain

米を生産するには字のごとく八十八の苦労があると言われます。雨や風や虫害に耐え、ようやく収穫できた米はまさに感謝するしかありません。その感謝を神社にお届けする。それがお賽銭の原型なのです。

 

 

お賽銭の入れ方

ここまでお読みいただいた方ならお分かりでしょう。

いますよねこういうフォームで賽銭箱に入れるひと。

f:id:kunato38:20181030210819j:plain

願いが叶うと思います!?

これは大げさでも何でもなく、無意識にやっておられる方が本当におられるんです。日本人として大変恥ずかしく、悲しくなります。

あくまでも神社は感謝を届ける場所という事を知っていて欲しいものです。

お賽銭は丁寧にそっと入れましょうね。

 

 

で、結局お賽銭はいくら入れるべき?

現代の日本人が合言葉にしている「お賽銭は5円」というのは何でしょうか?

結局は自分勝手にご利益を求めている「語呂合わせ」だと言えます。

5円=ご縁

 

この考え方、私は反対です。

 

昔の貨幣価値であれば5円は相当なものだったかもしれませんが、現代の日本では5円で買えるものは殆どありません。

 

皆様は5円を受け取った時に嬉しいですか!?

この考え方が原因で、日本人は特に大道芸を見ても、ストリートミュージシャンを見ても同じ反応をしてしまいます。

一生懸命やっている人に「チップは5円くらいでいいや」という感覚なのです。こういう考え方を子供に教えていって、素晴らしい職人やプレーヤーが育つでしょうか!?

神社にご利益だけを求めに行く考え方が感謝を忘れさせ、お賽銭の意味を忘れさせたのだと思います。ぜひこの記事を読んでいただいた方は、ご自身のお賽銭の額を見直してみてください。

私は最低限100円と決めています。御朱印に300円、おみくじに100円という感じで使いますので、神社一軒当たり500円~1000円使っている感じでしょう。この基準は神社の関係者の方が最低限何かに使える額という感覚です。

 

普段のお賽銭や玉串料の不足が遷宮を不可能にし、また氏子の寄付金に負担をかけていきます。せめてご自身の氏神様には最低限使えるお金を奉納しましょう。

 

 

まとめ

  1. お賽銭は元々はお米だった
  2. お賽銭の額は感謝の伝わる額にしましょう

いかがでしょうか?神社って結局は「感謝」からできたものですので、どんな切り口でお話ししても結局この話になりますね。

神社への理解を深めて、いい運気を授かりましょう!

皆様に良いご縁が結ばれますように!

 

初めての日本神話にオススメの本

この記事を読んだ方はこんなお悩みがあるではないでしょうか!?

神社に興味があるのに!

神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない!

パワースポットとか大好きなのに

ネット検索するしか調べる術がない…

日本文化をもっと詳しく知りたい

と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…

 

などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります!

でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も!

神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!

 

古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。

この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ!

さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!

 

日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。

でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています!

文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!

 

超高速で理解する古事記


超高速で理解する古事記|note

神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!

 

これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!

読んでみる 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)