f:id:kunato38:20181202113229j:image

出雲大社から東へ16km、斐川町という場所にある曽枳能夜神社。

出雲大社のルーツや国譲り神話を知るうえで、大変興味深いお社です。

地元の人以外は参拝することのない、清らかな空気が流れるこの神社には古事記のストーリーを踏まえてはいるものの、謎を多く含んだご由緒があります。

 

 

曽枳能夜神社のご祭神

伎比佐加美高日子命きさかみたかひこ

 

このお社がある場所を古くは伎比佐と呼びました。

すなわち伎比佐の地を治めるカミであったのでしょう。カミとはGODではありません。先祖を表す言葉であったり、統治者を表す言葉です。

高日子命は古事記に登場し、「出雲国造の祖先」とされており、このお社はもともと近くの神奈備山(かんなびやま)に鎮座していたと伝わります。

神社のご由緒に「伎比佐加美高日子命は出雲大神の祀り主であった」とあります。

つまり大国主命をお祀りしていたという事になり、現在の出雲大社宮司家の祖先となるのです。この高日子命は第11代 垂仁天皇の御代に大変重要な事をなさっています。

 

 

言葉を話せない垂仁天皇の御子

国譲り神話によると、出雲大社が建立されたのは大国主命の時代でした。

国譲りが成ると、天照大御神の孫が降臨し次のように統治者が登場します。

ニニギ→ヤマサチ→ウガヤフキアエズ→神武天皇(初代天皇)

そして第11代 垂仁天皇(すいにん)の時代に、大問題が起こります。

垂仁天皇の従弟(サホヒコ)とその妹であり垂仁天皇のお妃(サホヒメ)が結託してクーデターを起こします。

サホヒコは妹に「天皇を暗殺しろ」と命じます。

しかしサホヒメは結局、垂仁天皇を殺すことはできず、垂仁天皇の御子を連れて兄と逃亡することを選びました。

謀反を起こした罪は重く、最後は逃げ込んだ屋敷に火が放たれます。

サホヒメは御子を垂仁天皇に託すと、自らは火の放たれた屋敷に戻り、兄と死ぬことを選びます。

垂仁天皇夫婦は紅蓮の炎に分かたれ、その御子には「ホムチワケ」と名付けられたのでした。「ホム」とは焔(ほむら)に通じると考えられます。

この「ホムチワケ」はなぜか言葉を話しません。

そしてついに大人になっても言葉を発することができないままなのでした。

 

 

ホムチワケに起こった異変

本牟智和気はある日、空を飛ぶ鳥を見て口をパクパクなさいました。

垂仁天皇は驚かれ、家臣に鳥を捕まえるように命じられます。

家臣が苦労の末に鳥を捕まえますが、その鳥を見た本牟智和気は言葉を話す事は無かったのでした。

 

 

出雲の祟りとホムチワケ

ある夜、垂仁天皇の夢枕に神様が託宣をお告げになりました。

「我が宮を天皇の宮殿のように立派にしたならば、御子は話せるようになる」

垂仁天皇は慌ててこの神がどなたなのかを、占いによってお調べになりました。

するとこれは出雲大神の祟りであると判明。

つまり大国主命の祟りと推察されます。垂仁天皇は本牟智和気を出雲へ向かわせました。それは出雲大神の宮に参拝するためだったのです。

 

 

やっと言葉を話したホムチワケ

出雲に到着した本牟智和気は現地のカミ、伎比佐加美高日子にもてなされます。

高日子は本牟智和気のために斐伊川の中に仮宮をつくりました。食事を用意していたその時!

 

「この斐伊川の川下にある青葉の山は、山のように見えて山では無い。」

「もしかすると出雲の石硐(いわくま)の曽の宮に鎮座する大国主命の祭場だろうか?」

 

大国主命の御霊を感じた本牟智和気は突然言葉を発したのです!

そして、御子が言葉を発したという知らせは、大至急で垂仁天皇に伝えられます。

天皇は家臣に「出雲大神の宮を立派に造営するように」とお命じになりました。

 

 

大国主命の祟りはなぜ起きた?

古事記に登場した「石硐の曽の宮」とは曽枳能夜神社であると神社の御由緒は伝えています。

大国主命を祀る祭場というのは、斎場という意味だとすると、曽枳能夜神社から川下、つまり斐伊川下流を望む場所には…

仏教山という神名火山(かんなびやま)」があります。

 

神名火山は神奈備山とも書きます。詳しくはこちら

【神奈備山】その名前に隠された本当の意味とは!?

 

つまり、神名火山に埋められた大国主命。その御霊を、ここ曽枳能夜神社の場所でお祀りしていた伎比佐加美高日子。このお祀りの仕方が出雲の祟りを招いたのでしょう。

 

国譲り神話を思い出してみてください。

 

読んでいない方はこちらからどうぞ

【国譲り神話】日本建国に関わる重要な意味を持った神話〜後編〜

 

国を譲る代わりに「天日隅宮」つまり、天皇と同じくらい立派な宮殿を建てると約束していましたよね?

ところが全く約束は守られず。

仕方がないから地元の人だけでお祀りしていたのでした。。

そしてやっと、出雲大社が造営されることとなるのですが…それが現在の杵築(きずき)の地に建てられている社殿かどうかは不明です。

古事記には度々出雲の祟りという記述が見られます。これは本当に祟りがあったかどうかが重要なのではなく、

出雲への敬意を忘れてはいけないという戒めと解釈すべきかと思います。

 

曽枳能夜神社のさらなる謎

f:id:kunato38:20181202150920j:image

神魂伊能知奴志之命

(かみむすびいのちぬしのみこと)

 

伎比佐加美高日子の祖神と御由緒には書かれています。

この石の向こうには、方角的に出雲大社を遥拝する事が出来ます。

伎比佐加美高日子が出雲国造の祖とするならば、その祖先は天穂日命。その親神は天照大御神、そしてその親は伊奘諾(イザナギ)。伊奘諾の親はカミムスビとなるのでしょう。

伎比佐加美高日子の遠い祖先を祀るこの石を見たときの最初の感想は。。

 

 

い、隕石!?

 

 

アメノミナカヌシ、タカミムスビ、カミムスビの、いわゆる造化三神とは、

この世がまだ何もない状態であった頃に「突如として誕生した神」と書かれています。

これを宇宙誕生と解釈すると、宇宙科学的に表現すれば、ビッグバンと惑星誕生というところでしょうか?

そして出雲に大いなる意思が降ってきた。それを神と呼んだ。

なんて。

ちょっと妄想し過ぎでしょうか?

皆様はこの神社にお参りになった時、どう感じられるのでしょうね。

ぜひ参拝してみてください。

最後まで読んでくださってありがとうございます!

皆様に良いご縁が結ばれますように!

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに! 神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない! パワースポットとか大好きなのに ネット検索するしか調べる術がない… 日本文化をもっと詳しく知りたい と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…   などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります! でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も! 神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!  

古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!  

日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!  

超高速で理解する古事記

超高速で理解する古事記|note
神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
 
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)