スセリヒメ

古事記:須勢理毘売命

出雲風土記:和加須世理比売命

 

 

スセリヒメの特徴

一途な愛情・独占・束縛・情熱的・由緒正しき生まれ

 

 

スセリヒメの御神徳・御利益

恋愛成就・浮気防止・マムシ&害虫除け

 

 

スセリヒメの系譜

父:スサノオ

母:不明

夫:オオクニヌシ

 

 

スセリヒメにまつわる神話

スサノオの娘として生まれる

八岐大蛇(やまたのおろち)を退治し、出雲に平和をもたらしたスサノオ。その後スサノオは出雲を去り、根の国という場所に住んでいました。そこには八岐大蛇を退治した時に結ばれた妻、イナタヒメの姿はなく、突如としてスセリヒメが娘として登場します。

つまりスセリヒメの父はスサノオで間違いないのですが、母が誰なのかはわかりません。

 

スサノオの試練とマムシ除け

スサノオに助けを求めてやってきた大国主命(おおくにぬしのみこと)は、本来の目的を忘れてスセリヒメに一目惚れしてしまいます。

スサノオに結婚の承諾を求めるも、次々に出される試練。蛇やムカデがいる部屋に閉じ込められ、スセリヒメが秘密の道具で支援!この出来事が害虫&マムシ除けの御神徳につながっています。

 

オオクニヌシと駆け落ち

たくさんの試練を乗り切った末、ちゃんとスサノオの許しを得て結婚するかと思いきや、まさかの駆け落ち!しかもお父さんの大事にしている宝を4つも奪って逃走という荒業!!もう意味わかんない。。お父さん泣いちゃう。。

仕方ないからオオクニヌシに出雲の統治権を譲っちゃうことになりました。大国主という国家を統治する大王である名前は、この時スサノオからもらったんです。恋愛成就という御神徳はこの出来事から。

 

スサノオの試練とスセリヒメとの駆け落ちー古事記神話

 

オオクニヌシに近寄る女を成敗

因幡の国(鳥取市)にて出会った八上姫(やがみひめ)とワンナイトラブしてきたオオクニヌシ。なんとそのヤガミヒメ、子供が出来たので出雲の国に訪ねて来るという事件が勃発。妻としては怒り心頭の出来事ですよね?

でもスセリヒメなら大丈夫。そんな事で愛情が揺らいだりしません。むしろダンナがいないうちに、とっとと追い返しちゃいました。美人だろうと子供がいようと、一途な愛には叶いません。浮気防止の御神徳はこの出来事から。

 

旅立つオオクニヌシに色仕掛け

出雲の国を拡大していく為、大王であるオオクニヌシは各地の豪族を訪ねて和平交渉を続けていました。そんなある日、大和国に旅立つオオクニヌシ。その袖を引っ張り「さみしい・・・」

越の国(北陸地方)に住む美女 ヌナカワヒメに会いに行ったことに嫉妬しているのでした。そしてオオクニヌシは大和へ出発することをやめ、二人で仲良く暮らしたと古事記にあります。

この寂しさを正直に言い表す素直さ。さすが一途な愛が成すワザですね。

 

スセリヒメを祀る神社

【那売佐神社】スセリヒメの実家?古事記を揺るがす謎のお社

 

【天前社・御向社・筑紫社】大国主命の妻たちを祀るお社には暗号が隠されている

 

【唐王神社】スセリヒメ最期の地!大国主命とは別居していた?

 

 

 

 

 

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに! 神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない! パワースポットとか大好きなのに ネット検索するしか調べる術がない… 日本文化をもっと詳しく知りたい と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…   などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります! でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も! 神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!  

古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!  

日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!  

超高速で理解する古事記

超高速で理解する古事記|note
神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
 
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)