出雲大社のご本殿に祀られている和加布都主命(わかふつぬし)を追いかけている内に、いつの間にか下照姫の事も気になってきました。

f:id:kunato38:20190216120945j:image

 

前回訪問した内神社には、裏山に月輪のごとく輝く神が降臨したと御由緒にあり、この神は高姫(下照姫)であったと。そして内神社は別名を高野宮と呼ぶのですが、この高野宮のご本殿が向いている南の方向には、もう一つの高宮が存在していたのです。

それが、今回ご紹介する高宮神社(たかみやじんじゃ)です。

 

これまでの経緯は内神社の記事をご参照ください

【内神社】出雲大社と同格の神社?迷宮入り確定の神「和加布都努志命」の謎に迫る!

 

 

高宮神社のご祭神

天之御中主神(アメノミナカヌシ)

高皇産霊神(タカミムズビ)

神皇産霊神(カミムスビ)

 

島根県神社庁が公式に発表しているご祭神は上記の三柱となっています。この神様たちは古事記における造化三神(ぞうかさんしん)といって、この宇宙を作った「はじまり」の神様たちです。

日本ができる前、地球ができる前に登場する神様たち。

神社の公式なご利益・ご神徳は「家内安全・五穀豊穣」となっています。

しかし今回の参拝によって、私は確信しました。

元々のご祭神は高姫(下照姫)だと思います。

なぜならこの神社のお名前もそうですが、本殿屋根に付いているご神紋は

「二重亀甲に三」

f:id:kunato38:20190216120958j:image

これは御井の神のご神紋なのです。

子宝祈願に出雲大社へ参拝される方は【御井神社】にもお参りしましょう!

 

 

御井神社のご祭神は木俣の神、または御井の神と呼ばれていますが、出雲の旧家の言い伝えでは下照姫だと言われています。こちらのご神紋も二重亀甲に三なのです。御井神社のご神徳は安産となっています。

高宮神社のご本殿

f:id:kunato38:20190216125238j:image

ご本殿の作りは大社造りもしくは春日造。

千木は出雲系の男千木。

ご本殿の向いている方角は西でした。

ご本殿が向いている西方には出雲大社があります。

宍道湖の対岸に鎮座する内神社(高野宮)がこの高宮神社に向いているのに対し、この高宮神社は出雲大社の方角を向いているのです。

これは一体どういう意味なのでしょうか?

高宮神社の境内摂社

天満宮

f:id:kunato38:20190216125217j:image

天満宮といえば菅原道真公。

ご祭神もそうだと思われるが・・・

不明な摂社たち

f:id:kunato38:20190216125230j:image

なんだかわかりませんが、すごい数のお社が立ち並んでいます。

棟札が朽ちていたり、無かったりでどんな神様を祀っているのか分かりませんでした。

盛砂

境内の狛犬やお社の前に、たくさんの盛砂がしてあります。

出雲の神社ではよく見かけるこの砂、カンナビ信仰、または龍神信仰からくるものです。

f:id:kunato38:20190216125245j:image
f:id:kunato38:20190216125224j:image

ご本殿の神様こそ出雲系とは言い難いものでしたが、この神社には何かある。随所ににじみ出た出雲系の気配。

そしてご本殿の向いている方角が西という事実。

下照姫の足跡を辿っていくと、何かが見えてくるのかもしれませんね。

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに! 神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない! パワースポットとか大好きなのに ネット検索するしか調べる術がない… 日本文化をもっと詳しく知りたい と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…   などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります! でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も! 神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!  

古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!  

日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!  

超高速で理解する古事記

超高速で理解する古事記|note
神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
 
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)