1. HOME
  2. ブログ
  3. 田波八幡宮・大神神社|オオミワだと思ったら意外にもあの神様!?

田波八幡宮・大神神社|オオミワだと思ったら意外にもあの神様!?

出雲市斐川町直江。斐川公園の裏手にある狼山おおかみやまに鎮座する八幡宮。その名も田波八幡宮、またの名を大神おおかみ神社と言います。オオミワと同じ字を当てて、オオカミと読ませる由縁は元々が狼を祀る狼神社だったからなのです。シンプルな自然信仰から生まれた神社のように見えますが、ちょっと興味深い話もありました。早速ご紹介していきますね。

 

田波八幡宮のご由緒

神社ご由緒書きから引用。

狼ケ森おおかみがもり(おおかみさん)一帯は、現在は斐川公園の名称で町民に親しまれていますが、社殿によりますと昔このあたりはうっそうとした茂った森の中、狼の恰好の棲家であり、民家に出入りしては危害を加え村人を大変困らせていたとあります。

また狼ケ森は戦国時代(1570年頃)尼子・毛利の武将たちが戦に明け暮れた古戦場でもありました。

 

延宝二年の大洪水

江戸時代の延宝二年(1674年)に出雲地方では大洪水が起こりました。松江では大橋が流されたり、斐川では結地区の天神が沖洲地区へ流れたり、平田では久多美の槇戸天神や、出雲では大島の伊勢宮が流れたり、石見では静間神社が流されたと伝えられています。

その代わり平田氏の島村地区では、この洪水がきっかけで広い田地が出来上がったそうです。

実はこの田波八幡宮がある田波地区にも洪水にまつわる伝説が残っています。上庄原にある御崎神社は、この洪水の時に田波から流れてきた神を合祀したとされています。流された田波の神様とは?御崎神社には現在、スサノオが祀られています。詳しくは御崎神社の記事に書いていこうと思います。

 

田波八幡宮・大神神社のご祭神

田波八幡宮

譽田別命ほんだわけのみこと(応神天皇)

 

大神神社

山幸彦命やまさちひこのみこと

 

狼が徘徊して困っていたところ、段原頓阿弥だんばらとんあみという人が山幸彦を勧請して祈ったところ、狼の被害が収まったと言われ、狼を山の神として畏れ敬ったそうです。明治23年10月に、狼ケ森の中腹にあった狼神社を八幡宮に合祀し、狼神社は大神神社と社名を改めたそうです。やはり明治期の神社整理によって合祀され社名が変わり、オオミワと読み間違うような社名になってしまったということですね。

 

田波八幡宮・大神神社の境内

御本殿

社殿は流造で千木などはなく、御神紋は亀甲に違え鷹。方角は真東を向いています。

 

謎の石碑

 

武内神社

武内宿祢?

 

稲荷社

 

社日碑

 

田波八幡宮・大神神社へのアクセス

JR山陰本線 直江駅から車で7分。斐川公園の駐車場がご利用いただけます。斐川公園の入り口から入り、坂道を上がっていくとたどり着けます。

 

狼山から眺める景色も最高です。つつじが綺麗に咲く斐川公園もぜひご堪能ください。

 

まとめ

てっきりオオミワの神を勧請した神社かと思いきや、オオカミを祀っているという意外性。やはり現地に行かないとわからない事ってありますよね。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

ライター紹介

ID:kunato38 出雲に住むアラフォー男性です。 出雲神話と神社が大好き。出雲そばと日本酒も愛しています。 【主要参考文献】 古事記、日本書紀、出雲風土記、神社各所の御由緒書 【資格】 神社検定3級 2級はあと3点足りず落ちました。。来年再チャレンジ!

初めての日本神話にオススメの本

神社に興味があるのに!
神社の御由緒書きを読んでも内容が分からない!
パワースポットとか大好きなのに
ネット検索するしか調べる術がない…
日本文化をもっと詳しく知りたい
と思ったら、神話にルーツがありそうだと分かった…

などと悩んでいる方!実は僕もそうだったんです!これからご紹介する本を読めば、神社に行くのがもっと楽しくなって、日本文化のルーツが分かります!

でも神話って読みにくい・・・そんな最初のハードルを越えやすい優秀な書籍です。僕は今でも片手に読みながらブログを書いています。時には神社参拝に持っていく事も!

神社のいろはを勉強するならまずは読んで欲しい。。そんなお勧めの書籍たちをご紹介します!  

古事記の入門書

皇室の旧宮家である、竹田恒泰先生の書籍。古事記には非常にたくさんの神様が出てきて、全部覚えようとすると挫折します。。実は古事記って再び登場する神はほとんどないんです。 この本は覚えた方がいい神様とそうではない神様を見分ける目印がついているというスグレモノ! さらに皇室側の視点で見た読解がすごく面白い!そして丁寧な解説!初めて古事記を読むなら、この本が絶対おすすめ!  

日本書紀の入門書

神話や和歌が少ない日本書紀は、読み進めるのがつまらなくなりがち。だって日本書紀って年表を読んでいるような気になる記述なんです。 でもこの本なら漫画表記と文字表記がペアになっているという画期的な工夫がなされています! 文字だけ読みたい人にも、漫画だけ読みたい人にも一冊で対応可能!しかも、どっちを読んでもある程度内容がつかめてしまうという・・・初めて日本書紀読むなら絶対これ!  

超高速で理解する古事記

超高速で理解する古事記|note


神様の名前を読む自信が無い!
神話を読む自信が無い!
そもそも本を1冊全部読めた試しがない!
だいたいどんな話なのか分かれば十分という方!
 
これなら超高速で古事記を理解し、10分あれば古事記の概要を理解し、天皇や神社について大雑把に理解できます。
時間のない方にもおすすめです!
読んでみる